2020.05.16

浮気かも…!!彼のウソを見抜く心理テクニックとは?

女のカンは鋭いもの。彼のちょっとした言動や変化を見逃さず「おかしいな」と思う瞬間、あなたにもあるのではないでしょうか。
彼女として何よりイヤなのは、彼にウソをつかれること。
たとえば彼があなたに「友達と飲みに行く」と言って他の女の子とデートしたとします。あなたにとって許せないのは「浮気してるかもしれない」というモヤモヤよりも、彼があなたにウソをついたことではないでしょうか。
そこで今回は、心理学やNLP(神経言語プログラミング)に基づいた「彼のウソを見抜く方法」を伝授します。参考にしてみてください。
ウソをついているときの代表的なアクションといえばボディランゲージ。
たとえば「昨日電話したのに出なかったよね」というあなたの発言に対し「ああ、ちょうど電車に乗ってたから」と答えながら彼が目をそらせたとき、その回答はウソである可能性も。
また「友達が『渋谷でAくんを見た』って言ってたんだよね」と突っ込んだとして、彼が鼻や頬を触りながら「人違いじゃん?」と答えたら、ますます彼がウソをついている可能性は高くなります。
過去の記憶(見たもの)を思い出すとき、人は左上に目線が行きます。まだ経験していないことを想像するときは、右上に目線が行きます。
つまり右上を見たならば、その日にしたこと(事実)ではなく、やっていないこと(ウソ)をあなたに話そうとしていると考えられます。
ただし、左利きの人は逆の方向を見るという説もあるので、100%ウソとは言い切れません。他のサインと併せて判断しましょう。
本来、人は相手の質問に答えるときに「考える」という所作が入るもの。彼がバレたくないことに対し事前にウソの答えを用意していた場合、シナリオ通りの回答が即座に出てくるでしょう。
彼の答えが怪しいと思ったときは、さらにツッコんで聞き出してみましょう。無駄に説明が多かったり、やけに詳しく話していると感じたら、それは真実ではないかもしれません。
誰でも、都合の悪いことをたずねられると困ってしまうものです。そんなとき男性が咄嗟にやりがちなのは「俺のこと疑ってんのかよ!」と逆ギレして煙に巻くアクション。
また「そんなこと聞いてどうするんだよ」と逆質問してごまかすのも、同様の意味を持ちます。
本当のことは言えない、でもウソをつきたくないと考える人は、答えを避けうやむやにしようとします。口八丁でしれっとウソをつく人に比べたら、ある意味正直な振る舞いかもしれません。
ウソをまったくつかない人はいません。大事なのは、ウソをつかなければならない理由のほう。
あなたを悲しませないためのウソであればまだ救いはありますが、彼自身の保身のためだとしたら考えもの。
器の小ささやセコさが露呈するようなウソをつかれたら、彼とのつき合い方を考えたほうがいいかもしれません。(島田佳奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事