愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言

2020.06.24

愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言

どうもあかりです。
男性のデート満足度が高い女性というのは、総じて「よい意味で」一言多いものです。

要するに、『大半の女性が考えもしないか、あるいか思い浮かんではいるけれどもわざわざ言葉にはしないような一言、でも言ってあげたら絶対に男性が喜んでくれるような一言』。

こういう一言をいろいろな場面で何気なく連発することができるのが、愛され女性の特徴だと思います。

こういったセリフを呼吸をするように自然に発することができる「天然モノ」のモテ女性も多いですが、訓練や意識づけで「後天的に」(養殖的に?)獲得することだってもちろん可能なスキルです。

そして「学ぶは真似ることから」ということで、まずは天然のモテ女性たちが頻繁に使っている、デート中のさりげない一言をそのまま自分で使ってみる、というところから始めてみましょう。
男性は、相手の女性がデートを楽しんでくれているかどうか、ものすごくよく見ているものです。

男性には「女性を楽しませるのが男の役目」という意識があるからですね。
ちょうど、芸人さんがネタ中に必ず観客の反応を窺っているのと同じだと思います。

なので、デート後にLINEで「ありがとう。今日は楽しかった」みたいに伝えてあげるだけでは物足りたらず、デートの最中に、いろいろな方法で「楽しいよ」の気持ちを伝えてあげましょう。

「こんなに笑ったのは……」

「楽しいよ」の気持ちを伝えるもっともシンプルな方法は、笑ってあげることです。
そのうえで、その自分の「笑い」を自分なりに「評価」してあげてみましょう。

たとえば、
「こんなに笑ったのは久しぶり」
「笑い過ぎてお腹痛い」
「ヤバいめっちゃツボる(笑)」などですね。
単純に笑い声を上げるだけよりも、こうやって一言を添えてあげると、「すごく楽しんでる」感が簡単に伝わるのでおすすめです。
愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言

「もう、こんな時間!」

私自身も多用しているのですが、「え、もうこんな時間!」と言ってあげるのは、「時間を忘れるほどデートに夢中になってしまった」というのを簡単に伝えられる魔法の言葉です。しかも、とても言いやすいところがいいですよね。

デートの終盤、そろそろ帰ろっか的な雰囲気になったときに使ってあげると非常に効果的です。

ただ、デート中、無意識にちらちらと時計を見たり、あるいはスマホをチェックしたりしてしまう人もいると思うのですが、そういう人がこれを言ってもあまり信ぴょう性がありませんので、要注意。

そもそもデート中に時計やスマホを見るのは、「デートに夢中になっていない証拠」ですので、いっそデートをやめてしまった方がいいです。

笑顔が少ない日のフォローを忘れずに

今度は逆に、「楽しくないわけじゃないよ」というフォローについてです。
何回もデートをしていると、疲れがたまっていたり、体調が万全でなかったりして、正直あまり元気な様子で居られない日もあると思います。

しかし、先ほど書いたように、男性はデート中に相手の女性が楽しんでくれているかどうかを鋭く観察していますから、そういうときにもなんのフォローもなしでは「あれ、今日あんまり楽しくないの?」と彼に不安がられてしまいます。

そういうときには、前もって「ごめん、今日あんまり体調良くなくて」みたいにデートの初めに一言フォローをしておくといいでしょう。

そうすれば彼を余計に傷つけてしまうことなく、また自分自身も無理せずに自然体でいられます。

こういう気の利かせ方、交際においてはとても大事なのでぜひ覚えておいてほしいです。
どんな男性であれ、どんなにクールを気取っているように見えても、相手の女性に対して好意を持っている限り、デートのときには必ず「ええかっこ」をしようとしているものです。外見的にも、また行動面においてもね。

ということで、男性に対して「君のこと、ちゃんと見ていますよ」と伝わるような一言を言ってあげるといいでしょう。

「髪型、いつもと違う?」

愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言
「君のことをちゃんと見てるよ」には、男性の外見の変化に気付いてあげるというのがもってこいです。

待ち合わせで最初に彼を見たときに、「あれ、髪型いつもと違う?」と言ってあげたりしてもいいし、もっと抽象的に「あれ、今日なんかいつもと違う?」みたいに言うのでもいいでしょう。

結果的に、「え、いつもととくに変わらないと思うけど……」ってなってしまっても、全然問題ありません。それよりも「細かい変化に気付こうとしてくれた姿勢」が嬉しいわけですので。

もちろんそこで「え、わかる?」と(運よく)ビンゴなら儲けものです。
また、こうやって彼氏の外見に対してアンテナを張っていることを示してあげることで、相手も「俺もちゃんと、気付いてあげよう」と思うようになるので、「彼女ちゃん、髪切った?」みたいに言ってもらいやすくなるのも、副次的なメリットです。

ジェントルマンに対して目ざとく「ありがとう」

人に何かをしてあげたときに、それを気付いてもらえないのって切ないですよね。

切ないだけならいいですが、あまりにも気付いてもらえずにスルーをされ続けてしまうと、挙句の果てに「ふん、気付いてくれないならじゃあもういいよ!」という気持ちになって、今後同じことをするのをやめてしまいたくなってしまいますよね。

同じことが、男性の女性に対するデート中のジェントルマン行動についても起こりかねません。

大人な男性にとって、紳士的な行動はデートにおいて必須と言えますが、それらは同時に「さりげない」ものであることも必須。露骨な言動は「キザ」とか「キモい」とかすぐに女性から揶揄されてしまいますからね。

だからその分、女性もしっかりとアンテナを張っておかないと彼らのジェントルマン的な言動をみすみす見逃してしまいます。

車道側を歩いてくれる、ドアを開けておいてくれる、「寒くない?」と気遣ってくれるといったものはもちろんのこと、男性によっては、数分に一度にも及ぼうかという凄まじいペースで紳士的な行動を繰り返してくることもありますので、しっかりと隣にいる彼の言動を観察しましょう。

「ありがとう」と都度気付いてあげることで、彼氏もやりがいを感じて、もっともっとあなたに対して紳士的に、優しくなっていってくれるはずです。

「これ、似合うんじゃない?」

愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言
まず前提として、お買い物をしているときに、自分の服を見たりする際には、それに付き合ってくれたお返しとして、彼氏の服選びにも付き合ってあげるというのが最低限のマナーです。

男性は「いいって、俺はひとりで買いに来るから」みたいに遠慮することも多いですが、彼らも本音では女性の(というか好きな人の)意見を取り入れながら服選びをしたいと思っていることが多いですので、「いいから、いいから」と半ば強引に男モノのお店に入っていきましょう。

そしてそこでは、ぜひ積極的に「これ、似合いそうじゃん」「これかっこいいと思うよ」といった感想を言ってあげるようにしてください。

そうすることで、まずは単純に「彼氏の服選びにも関心をもって取り組んでます」というアピールにもなるし、間接的に彼氏に対して「かっこいいよ」と外見を褒めていることにもなるので、一石二鳥です。

逆を想像してみると分かりやすいけど、彼氏に「うん、それかわいいと思うよ。似合ってる」って言われたら、すごく嬉しいと思いませんか?
ぜひ試してみましょう。
デートをフルコース料理にたとえるのなら、何と言ってもメインディッシュは食事の時間です。その理由は2つ。

1つは、いちばん長く、かつ至近距離&対面で、一緒に過ごす時間だから。
2つ目は、男性がデートプランを決めるときに一番気合を入れるのがお店選びだから。

食事の時間を素敵に過ごせるかどうかが、デートの成功の鍵。
ぜひ、何気ないけどしっかりと彼のハートに響く一言を連発しましょう。

「迷っちゃう~」

愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言
彼氏が選んでくれたお店に対して「いいね!」をする一番手っ取り早く、かつ信ぴょう性のあるリアルな方法が、「メニュー選びで迷いまくる」というものです。

「どれもおいしそうで選べない!」「これもこれも食べたい」みたいに、とにかく迷いに迷いまくってください。

彼から「まだ(笑)?俺もうとっくに決めたけど」と若干イライラさせてしまうくらいに迷い、そうやって急かされてもまだこの期に及んで「ちょっと待って、全部おいしそうで全然決められないの」とまだしぶとく迷う。

挙句の果てには店員さんに「冷やかしなら帰ってください」と怒られてしまうくらいまで粘ってから、ようやく頼むくらいがちょうどいいでしょう。

表面上は選ぶのが遅すぎる彼女に呆れ顔をしている彼も、内心はすごく喜んでくれているはずです。

一口目で、感動の一言を

男性は、女性の「一口目」にとても注目しています。
自分が作った料理ではありませんが、自分が選んだお店なら、彼女が料理を食べたときのファーストリアクションは必ず気になるもの。私たちが手料理をしたときに彼氏の第一声がどうしても気になってしまうのと同じです。

なので、一口目を食べたときの一言は、必ず意識をしてください。
「おいしい~!」と少し大げさに言ってあげるくらいがちょうどいいし、セリフだけじゃなくて、表情や仕草でもしっかりと感動を伝えてあげてください。
愛され女性がデート中に何気なく使っている超ドキッとするさりげない一言

「お友達と来てもいい?」

彼氏が連れてきてくれたお店に満足できたときには、ぜひ「ここ、今度お友達と来てもいい?」と聞いてあげましょう。

彼氏のお店じゃないので、彼氏にそんな許可をとる必要なんてまったく必要ないのですが、そんなに難しいことを考えてはいけません。とにかく、あまり何も考えずに、彼氏の許可を求めてください。

「友達に教えたくなるくらい素敵なお店」という評価は、彼女自身に「おいしい」「素敵」と褒められるのよりも、正直何倍も真実味があります。少なくとも、「絶対にお世辞ではない」ことは伝わります。

あんまりこれをやっている人は多くないと思いますので、彼氏としても新鮮でしょう。そういう意味でもすごーくおすすめです。

ということで、今回はこの辺で。
どのセリフも、1つ1つは正直大したことない些細なものばかりです。

ですがこういった小さなセリフの積み重ねで、あなたとのデート全体の印象が決まるものだと心得ましょう。ぜひ、次回のデートからどんどん真似していってほしいと思います。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)


関連記事