素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

2020.06.21

素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

あなたは、職場や恋愛において、自分自身を素直に出すことができていますか。「出せていない」という人の多くは、我慢していることが多く、ストレスが溜まっているのではないでしょうか。

自分自身が楽になり、今より周りから愛される女性になるためには、素直になることが一番です。この記事では、素直になれない心理や職場で愛される女子になる方法について、ご紹介します。

一緒に愛され女子を目指してみませんか?
あなたは、普段から自分の気持ちに素直に行動できていますか。大人になるほど、自分の気持ちを素直に出せなくなっている人が多いのではないでしょうか。

年齢を重ねると経験が増えるため、事前に身を守るような行動をしてしまうこともあれば、相手の気持ちも考え、本心を隠すこともあるでしょう。社交辞令や周りの空気を読むことで、思ったことが言えないこともあります。

素直と無神経になんでも言うのは違う

素直というと、「思っていることをなんでも言えること」と思っている人も多いでしょう。

ズバズバと言いたいことを言っている人を見ると、「羨ましい」と思う人もいるかもしれません。

しかし、思っていることをなんでもズバズバと伝えてしまうのは単なる無神経。相手の気持ちを考えない発言は、時に人を傷つけることになります。

発言する際に、言われた側の気持ちに立てるか、立てないかが、素直か無神経の分かれ道となるでしょう。

コミュニケーションテクニックのひとつ

人付き合いが苦手と思っている人は、「自分の思っていることが、上手に伝えられない」「相手のことばかり考えてしまい、本心を言えない」という人が多いのではないでしょうか。

上手に人と付き合うためには、自分の考えや思いと同時に、相手の気持ちを考えることが必要となります。その上で、本音を言うことができればストレスもたまらなくなるでしょう。

時には、「これを言ったら、傷つくかも」ということもあるかもしれません。しかし、相手のためを思って言うのであれば、伝えなければいけないこともあるでしょう。

万が一、それが原因で関係が壊れてしまっても、相手のためを思って伝えた言葉であれば、あなた自身も割り切れるはずです。素直になれない友達は、あなたから見ても「付き合いにくい」存在と感じるはずです。
素直に自分の気持ちを伝えることができず、後々「どうして、素直に言えなかったのだろう」と後悔することもあるはず。相手との会話途中で、「話そう」と思っているのに、なかなか話出せずに終わってしまうこともあるでしょう。

子供の頃には、思ったことをすぐに言葉にできていたはずなのに、大人になるとなかなか素直に伝えることができなくなってしまいます。

では、なぜ私たちは「素直になりたい」と思っているのに、それができないのでしょうか。その心理についてご紹介します。

過去の経験がトラウマ

素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術
私たちは、日々様々な経験をし、少しずつ成長しています。その経験のなかには、「辛かった」「もう二度と経験したくない」といった経験もありよね。

こういった経験をすると、誰しも「もう同じ失敗はしない」と思うものです。
その結果、過去の辛い経験がトラウマとなってしまい、自分を守るために素直になれなくなってしまうことがあります。

家族に言われたちょっとした言葉に傷つき、「言いたいことが言えなくなってしまった」という人もいれば、元彼に言われた一言で「気持ちを伝えられなくなってしまった」という人もいるでしょう。こういった心理が、知らず知らずのうちに働いてしまうこともあります。

プライドが邪魔する

素直になるということは、時にはいままでの自分を改めたり、反省しなければいけないことがあります。そんな時、「謝らなければ」と思っているのに、なかなか「ごめんね」の一言が出てこない人が多いでしょう。

なぜなら、プライドが邪魔をしてしまうため。プライドが高い人ほど、自分から謝ることができず、誤解されることも多いでしょう。

プライドは悪いものではありませんが、相手との関係を壊してまで守るものでしょうか。素直になった方が、相手との関係は良くなるはずです。

好きな人への行動で傷つきたくない

素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術
自分の気持ちを素直に伝えられないと思っている人のなかには、「好きな子に素直になれない」という人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、過去に辛い恋愛経験がある人もいるでしょう。好きな相手に、ひどい振られ方をしたり、ひどい態度をされた経験があれば、「もう傷つきたくない」という心理が働き、素直に行動できなくなるでしょう。

しかし、それはあくまでも過去の恋愛、元彼との間に起きたこと。終わった恋愛に引きずられ、新たな恋愛ができなくなってしまっては勿体ありません。

相手のことを考えすぎる

人の性格は様々。なかには、「相手の気持ちばかり考えてしまい、人付き合いが疲れてしまう」とい人もいるでしょう。そんな人は、「人に嫌われたくない」という心理が隠れています。

そのため、常に相手に合わせてしまいます。自分が思っていることを言えないまま我慢する人も多いでしょう。このままでは、どこでも、誰とでも本音で付き合えなくなってしまいます。

恋人や友人というのは、本音で話せてこその関係。思い切って、思っていることを伝えてみましょう。
素直になれない人のなかには、「相手のことを考えて素直になれない」という人もいます。そんな原因を聞くと、「自分よりも人の気持ちを考えられるなんて、よいことでは?」と思う人もいるでしょう。

しかし、素直になれないことで後々後悔することも少なくありません。

勘違いされたまま恋愛が終わった

好きな人の前でも、素直になれない人は常に自分の気持ちを相手に伝えずにきた人が多いでしょう。その結果、相手はあなたの気持ちを知ることができず「好きじゃないんだろう」と思われてしまうことも。

気持ちを伝えられないということは、こういった勘違いされることもあるということ。そして、勘違いのまま恋が終わってしまうこともあるでしょう。

分かり合えないまま別れた

素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術
恋人という関係は、家族とも友人とも違った特別な関係。互いに愛情があるからこそ、成り立つ関係です。

当然、そんな特別な関係であれば互いのことをよく理解できているはず。しかし、素直に思っていることが伝えられずにいると、いつまで経っても分かり合えることはありません。なかには、分かり合えないまま別れを迎えてしまう人もいるでしょう。

自分の気持ちがわからなくなった

相手のことを気にして、自分の思いや考えが伝えられずにいる人は、我慢していることも多いでしょう。

「これで丸く収まるなら」と自分の気持ちを押さえてばかりいると、知らず知らずのうちに相手の意見が自分の意見のように感じてしまうことも。そして、「自分の本当の気持ちって、なんなんだろう?」と自分自身を見失ってしまうこともあります。

いつも我慢するのは自分で疲れた

素直に思っていることが言えず、いつも相手に合わせてばかりの人は、我慢していることが多いため、人付き合いが疲れてしまう人もいます。

「我慢をやめよう」と思っても、いままでの関係を考えると「いまさら、思っていることが言えない」「どのタイミングで、自分の意見を言ったらよいのかわからない」と悩む人も多いでしょう。
いままで、素直に自分の気持ちを伝えられずにいた人は、「窮屈」と感じている人もいるでしょう。その環境を変えるためには、あなた自身が変わるしかありません。

素直に思っていることを伝えながらも、職場で愛され女子になるにはどうしたらよいのか、その方法をご紹介します。

1.ありがとうなど感謝の気持ちを笑って伝える

あなたは職場で、「ありがとう」といった感謝の気持ちを素直に伝えていますか。
困っている時に「大丈夫?」と声をかけてくれた同僚、「手伝おうか?」と心配してくれた先輩に感謝の気持ちを伝えることができているでしょうか。

どんなに親しい関係でも、感謝の気持ちを伝えることが大切。この「ありがとう」の一言で、雰囲気は良くなります。
素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

2.相手のいいところを見つけたら即伝える

同僚や後輩、部下のなかには、あなたから見たら「どうして、こんなことができないの?」と思うような人もいるでしょう。このイライラをそのまま相手にぶつけ、職場の雰囲気を悪くしてしまう人もいます。

これでは、あなたに話しかけたり、相談する人はいなくなってしまうでしょう。
職場では、注意する、怒るだけでなく、いいところを見つけたらそれを伝えることも大切です。そうすれば、雰囲気が良くなるだけでなく、相手のモチベーションも上げることができるでしょう。

3.頼まれたことはすぐに行動に移す

仕事では、時に面倒な雑用を頼まれたり、仕事を丸投げされることもあるでしょう。そんな時、ブスっとした態度をとってしまう人も多いのではないでしょうか。

これでは、職場の愛され女子になることはできません。愛され女子になるためには、素直に「分かりました」と頼まれごとを受け入れ、行動に移すこと。

あなたを信頼して頼んでいるはずですから、それに素直に答えましょう。

4.お礼の手紙や社内チャットをマメに送る

仕事でお世話になった上司、飲み会を仕切ってくれた先輩など、職場には様々な人間関係があるはず。そんな職場の人間関係をスムーズにするためには、お礼の手紙や社内チャットなどで気持ちを伝えることが大切です。

「先日は、ありがとうございました」といった一言を伝えるだけで、受け取った側は「嬉しい」と感じること間違いなし。
素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

5.信頼できる人には悩みを相談してみる

あなたは仕事でに詰まった時、トラブった時、どのように対処していますか。ひとりで抱え込んでしまう人も少なくないでしょう。

しかし、仕事で困った時には、信頼できる上司や先輩、同僚に相談することも大切です。
素直に「助けて」ということができれば、責任という重圧もなくなるはず。そうなれば、職場という環境自体がストレスになることもなくなるでしょう。

6.小さな夢や希望をまわりに話してみる

仕事をしていると、「将来的には、こんな仕事にチャレンジしてみたい」といった夢や希望を抱えている人もいるはず。そして、多くの人は「恥ずかしい」といった理由から、こういった気持ちを隠しています。

しかし、その夢や希望を叶えるためには、周りに話していくことも大切。声に出して伝えることで、それを聞いた上司や先輩が手助けしてくれるかもしれません。
「素直に、思っていることを伝えることができない」という人のなかには、「彼氏の前に出ると、素直に思っていることが言えなくなってしまう」という人もいるでしょう。

相手のことが好きだからこそ、「嫌われたくない」という思いが強くなるのではないでしょうか。

しかし、素直に思いを伝えなかったことが、後々後悔につながるかもしれません。
男性にとって、素直な女性は可愛らしく映るもの。素直になれない女性は、そんな愛され女子を目指してみませんか。

1.相手が「好き」と言ったら自分も言ってみる

素直に気持ちを伝えられない女性のなかには、彼氏に「好き」と言葉で伝えることができない人もいます。「恥ずかしい」「照れくさい」といった理由から、素直になれない人もいるでしょう。

そんな人は、相手が「好き」と伝えてきたタイミングで自分からも伝えるようにしましょう。いつまでも素直になれずにいると、男性は不安になります。「本当は好きじゃないのかも」と勘違いされる可能性もありますから、勇気を出して気持ちを伝えましょう。
素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

2.言葉が苦手ならハグやキスで伝える

彼氏のことが好きなのに、「恥ずかしい」「プライドが邪魔をする」といった理由から、なかなか自分の気持ちを彼氏に伝えられない人もいるでしょう。

そんな人は、言葉ではなくハグやキスといった行動から愛情を伝えてみましょう。男性は、鈍感な人が多いため遠回しな言動では気づくことができませんから、ハグやキスであれば愛情を確認できるはずです。

3.デート後の気持ちやお礼を送る

デートから帰ってくると、楽しい余韻に浸っている人も多いでしょう。その「楽しかった」
という気持ちを、彼に伝えていますか?

あなたの「今日のデート、楽しかったなぁ」という素直な気持ちは、彼氏にとってはとても嬉しいものです。

デート後にそんなメッセージが届くと、素直に気持ちを伝えてくるあなたに「かわいい」と感じると同時に、「次はどんなデートにしようかなぁ」とモチベーションを上げることもできるでしょう。

4.尊敬できるところや好きなところを伝える(性格や顔や髪型でOK)

あなたは、彼氏のどういったところに惹かれ、どういったところに尊敬していますか。なかには、「顔がタイプ」「優しい性格が好き」という人もいるでしょう。

そういった彼の尊敬できるところ、素敵だと思うところも素直に伝えてみましょう。誰だって、好きな人から褒められるというのは嬉しいもの。そして、同時にあなたからの愛情も感じることができるはずです。
素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

5.好きな場所や好きなことの話をする

交際間もない人は、まだ彼氏と会話するにも緊張したり、気を使っているでしょう。ある程度の交際期間があるにも関わらず、自分のことを伝えられない人もいるはず。

そんな人は、自分の好きな場所、好きなことについて話してみましょう。「子供の頃から、この場所が好きなんだ」「この人の本が好き」といったように、素直にあなたの好きなものを伝えることで、彼は「一生懸命、自分を知ってもらおうとしている」と嬉しく感じるはずです。

6.たまに手紙を書いてみる(記念日や誕生日)

ある程度、付き合い期間が長くなると、なかなか気持ちを伝えることはなくなるもの。「そういえば、最近好きと言っていないな」という人も多いでしょう。

そんな人は、記念日や誕生日といったタイミングで、手紙を書てみるのもおすすめです。
いまでは、メールやLINEといったものが主流となり、なかなか手紙を書く機会はないでしょう。だからこそ、気持ちは伝わりやすいはずです。
男性は、素直な女性に惹かれるもの。確かに、なにを考えているのかわからないようなミステリアスな女性は魅力的ですが、「彼女にしたい」「結婚したい」といった相手にはならないでしょう。

では、なぜ男性は素直な女性に惹かれるのか、その理由をご紹介します。

自分も心を開きやすい

一般的に男性は鈍感な人が多いため、遠回しなアプローチなどには気づくことができません。何度アプローチされても、相手の気持ちに気が付かない人もいます。

その点、素直に「好きです」と伝えてくる素直な女性であれば、どんなに鈍感な男性であっても相手の気持ちをすぐに理解することができ、好感を抱くはず。

同時に、自分も心を開きやすくなるでしょう。交際に至ってからも、彼女がなにを考えているのか分かれば、自分の思いや考えなども伝えることができます。

素直じゃない女性よりも、素直な女性の方が男性からの好感度は高いはずです。
素直になれない心理を解説!即真似すべき愛され女子の恋愛&仕事術

察しなくていいから楽

男性にとって、女性の言動というのは「理解できない」と思うことも少なくありません。「これくらい気づいてよ」と女性は思っていても、男性には理解することができないことも多いでしょう。

素直な女性は、その「気づいてよ」という言動がありません。なにかしてほしい時には、「こうしてほしい」と素直に伝えることができるため、男性は察する必要がありません。その結果、一緒にいて気を遣わず、居心地がよい存在になることができます。

希望が具体的だから叶えたくなる

素直になれない女性は、デートで行きたい場所すら直球で伝えることができません。「この間、友達がデートに行った場所が楽しかったんだって」と遠回しに伝える人もいます。鈍感な男性であれば、「そうなんだ」とそこで会話が終わってしまうでしょう。

その点、素直な女性であれば「この間、友達が〇〇に行ったんだけど、楽しかったって言ってたから、次のデートで行かない?」と伝えることができます。

なんでもこんな風に希望を具体的に伝えられれば、男性も分かりやすいですし、「叶えてあげよう」と思うでしょう。

コミュニケーションがとりやすい

恋人として交際している相手の気持ちが分かる、理解できるというのは、嬉しいもの。コミュニケーションがスムーズに取れれば、どんどん絆も深めることができるでしょう。

しかし、自分の素直な気持ちを伝えない彼女は、男性にとって「なにを考えているのかわからない」と思わせ、不安にさせます。「恋人とコミュニケーションが取れない」と、自信をなくしてしまうかもしれません。

よい関係を築くためには、思っていることを互いに素直に伝えることができ、コミュニケーションが取れる関係ではないでしょうか。
年齢を重ねると、様々な経験をし、周りの環境も大きく変わってきます。
そのため、過去の辛い経験からトラウマができてしまったり、プライドが大きくなってしまうこともあるでしょう。なんらかのしがらみが付きまとうこともあります。

しかし、だからといって素直になれずにいると、自分自身が辛い思いや損をしてしまうことになります。

「素直に自分の意見が言えず、人付き合いが辛い」と思うのであれば、自分を変えていくしかありません。自分に素直になるというのは、なかなか難しいことではありますが、少しずつ自分を出していくことで、楽になってくるはずです。

ただし、相手の気持ちを考えない無神経な発言は注意が必要。大人だからこそ、言われた側の気持ちも考えた発言を心がけましょう。(NaonN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事