2020.07.02

「カレから連絡が来ないなあ…」自発的に連絡をしない男性が考えていること

好きな人や彼と、LINEで連絡は取るものの、私から連絡しないと彼から連絡がこない、という経験をしたことがある女性もいるのではないでしょうか?男性が自発的に女性or彼女に連絡をしてこないのには、男性なりの理由があります。彼から連絡がこなくて不満! という女性は必見です。また後半では、男性から連絡がこないときの対処法についてもご紹介していきます。
「別に用事がない限り自分から連絡ないし、何を連絡していいかもわからない。そりゃ好きな子ができたらちょっとは自分からするかもしれないけど、そうでない限りは自分から連絡しないね」(30歳/金融/男性)

「彼女ができても連絡に重きをおきてない。連絡頻度より会うほうを重視している」(27歳/建築/男性)

連絡不精な男性は、そもそも何か用事があるとき以外連絡しようと思わないみたいです。また中には連絡を頻繁に取るより会うことに重きを置いている男性も。連絡の取り方も人それぞれなので、不満なら「どうして連絡くれないの?」と素直に一度聞いてみるのもいいでしょう。
「好きな子を追うよりも、追いかけられる方が好きだから、つい自分から連絡しないで相手からの連絡を待ってしまう」(29歳/営業/男性)

「プライドのせいか、自分から女性にそうそう連絡しないし、わざと既読スルーしたり、未読スルーしたりして相手の気持ちを確かめちゃう」(28歳/IT/男性)

恋愛の駆け引きをするのは女性だけではありません。男性もこのようにLINEを使って駆け引きをするみたいです。好きな子を追うよりも、追いかけられたいという男性は、たとえ好きな子が相手でも、自分から連絡しないのですね。
「彼女がいる時に他の子から何か用事以外のLINEがきても無視しちゃう。彼女以外に興味ないし。自分から仕事以外でLINEを送るなんてない」(33歳/証券/男性)

「浮気相手には自分から連絡しないかな。しても用事があるときだけとか」(29歳/公務員/男性)

彼に大事な彼女がいるなら、その彼女に心配させないよう他の子には自分から連絡しないようです。なので、気になる彼から連絡がこないと悩んでいる方にとっては残念ですが、もしかしたら気になる彼には本命彼女がいる可能性も。彼女の有無を知らないならまず彼女がいるか否か聞いてみましょう。
「こっちからわざわざ送らなくても相手からマメに来るから、自分から連絡しないとかではなく、自分から送る必要がないだけ」(32歳/出版/男性)

「『自分から連絡しないと彼から連絡がこない』という女性って待つことを知らないよね。連絡来なくなればこっちから送るのに」(33歳/建築/男性)

最近では、好きな人には自分からガンガンLINEを送ってしまうという肉食女性は意外と多いようです。男性にとってみれば、相手から連絡がくるため、自分から連絡する必要性が感じられないのでしょう。
自分から連絡しないと彼から連絡がこないと悩んでいる方は、彼と会った時に直接、「あなたからも連絡してほしい」ということを伝えてみるといいでしょう。彼はもともと連絡がマメではなく、誰に対しても自分から連絡しないタイプだという可能性もあります。その場合、直接お願いしてみることで彼の連絡不精は改善されるでしょう。もちろん、前に一度伝えたことがある方は、もう一度伝えるというのはおすすめできません。前に伝えたのに改善されないということは、残念ながら脈なしの可能性が高いです。
「自分から連絡しないと彼から連絡がこない」と思っている方、それはあなたの勝手な思い込みである可能性があります。一度、彼から連絡がくるまで自分から連絡しないということを試してみましょう。もしかすると、あなたから連絡をしすぎていて、彼は自分から連絡する隙がないと感じている可能性があります。その場合、あなたからの連絡がこなくなることで、彼は、自分から連絡せざるを得ない状況になりますね。またこの方法は、自分から連絡しないことで駆け引きを楽しんでいた彼の場合にも効果的です。あなたからの連絡が急にこなくなったことを不安に感じた彼は、きっと自分から連絡をしてくることでしょう。
「自分から連絡をしないと彼から連絡がこない」と嘆いている女性、もしかしたら彼には上記のような理由があるのかも。もちろん、今回ご紹介した理由以外にも人によってさまざまな理由があります。今回紹介したのは、代表的な理由にすぎませんので、不安なら一度、素直に彼に理由を聞いてみた方がいいでしょう。そのほうがすっきりしますし、今後の付き合い方も見えてきます。「自分から連絡しないといけない」という風に、どちらか一方が頑張る恋愛はいつか疲れてしまいます。お互いの心地よいペースで連絡ができるよう、一度話し合ってみるのもいいでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事