一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説

2020.07.21

一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説

好きな人と一緒に眠って迎えるおだやかな朝。それは、心身ともに癒される特別な時間ですよね。彼氏や旦那さんとリラックスして眠ることは、精神的な安心感を得ることもできます。

また、いわゆるセフレとも違い、最近は恋人や夫婦でもないけれど、一緒に寝るだけの添フレ(ソフレ)なんて関係も増えているんだとか。それだけ、誰かと一緒に寝ることは癒やしの効果があるんです。

今回はカップルや夫婦が一緒に寝ることで、お互いに幸せを感じられるようにするために大切なことをお話していきます。これからもっと、添フレ(ソフレ)との関係を深めていきたいという女性も必見です。
カップルや夫婦だけでなく、付き合っていない関係でも誰かと一緒に寝たいと思うのは、どんな心理からなのでしょうか。彼ががあなたと一緒に寝たいといってくれるのは、どんな意味合いがあるのかについて、お話していきます。

気を許している存在

まず、一緒に寝たいと思うのは、相手に気を許している証拠ですよね。誰でも寝るときはリラックスして、無防備な状態になります。そんな自分の姿を見せても大丈夫、そして相手のその無防備な姿を見たいと思うのは、相手を受け入れる気持ちがあるからこその感情です。

とくに女性心理でいうと、一緒に寝る相手は恋人や夫、またはそれに近いくらい大切な存在であって欲しいという願望があるでしょう。

彼女か付き合ってないかで意味は変わる

誰かと一緒に寝たいと思うのは、相手に好意を持っているからこそわく感情でもあります。

しかし、好意といってもその種類はいくつかに分かれますよね。男性が誰かと一緒に寝たいと思うのは、その相手が彼女なのか、それとも付き合ってはいない相手なのかによっても、意味は変わってきます。
まだちゃんと付き合っているわけではないのに、男性が一緒に寝たいと言うのには、どんな意味があるのでしょうか?

人によって意味は違う

一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説
結論からいうと、「一緒に寝たい」の意味は、人によってかなり違います。ただし、大きくわけて男性が求めているものは2つです。性的な欲求と精神的な安らぎのどちらかです。

相手がなぜ、一緒に寝たいといっているのかは、そのときの状況や、相手の性格、普段の言動から、意味合いを見極める必要があります。

性欲を満たしたい下心がある場合

大半の男性心理のパターンからいうと、一緒に寝たい=性欲を満たしたい。

つまり、一緒に寝たい=SEXを望んでいるといった下心の意味合いを持って、言っている場合があります。

彼が心身ともに健康で、普段からあなたを口説いているような関係であれば、その意味合いは大きくなるでしょう。一緒に寝るときに何度もキスをしてくるようであれば、その可能性は高くなります。

精神的充足を求めている場合(寂しさや人肌恋しいなど)

彼が仕事関係がうまくいっていない、とても疲れているなどといった場合は性的な欲求よりも精神的な寂しさなどを埋めたいという理由から、一緒に寝たいといっていることもあります。

また、最近多い草食系男子や、それ以上に元々性欲などのない絶食系男子だから精神的な癒やしで満足しているという場合もあるでしょう。
一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説
最近は一緒に添い寝するだけの『添フレ(ソフレ)』なんていう関係性もかなり増えているようですね。(添い寝フレンドの略で、SEXはしないけれど一緒に寝る友達のこと)添フレ(ソフレ)と寝ることで、どんな癒やし効果があるのでしょうか。

安心感を得られ、孤独を紛らわせる

一番の大きな効果は、やはり精神的な安心感です。

人間は大人になるにつれて、親元を離れたり友達との時間が減ったり、精神的な孤独を感じやすくなりますよね。普段は仕事をがんばっていたりしても、ふとした瞬間に寂しさを感じることは、誰にでもあることです。

添フレ(ソフレ)にはたまには誰かに甘えたい、孤独な気持ちを紛らわせたいという気持ちを癒やしてくれる効果があります。
なぜ、人は誰かと一緒に寝るだけで、幸せな気持ちを感じることができるのでしょうか。何もせずに一緒にただ寝るだけでも、幸せを強く実感できるのには理由があります。

自分のものだという独占欲を満たせる

一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説
好きな人が自分の横で、無防備な状態をさらけ出して眠っている。ただそれだけでも、横で寝ている好きな人が、この時間は自分のものだと思えて幸せを感じることができます。

また、普段みせることのない無防備な寝顔を見つめていると、この寝顔を知っているのは自分だけだと実感でき、独占欲を満たすことができます。

自分を受け入れてくれる人がいる安心感がある

寝ている時間が無防備なのは、相手だけではありません。寝顔や寝相など、普段は自分でも知らないような自分の姿を見ても、一緒にいて受け止めてくれる存在がいること。これも、精神的に大きな安心感を得ることができます。

孤独や寂しさからの解放

日常生活の中で感じている孤独感や寂しさも、ずっと続くと人生への不安感などにかわっていってしまいますよね。

誰かが一緒に横で寝てくれるだけでも、そんな不安感や孤独感からも解放される効果があります。
カップルや夫婦など、せっかく好きな人と一緒に寝るのなら、ただ睡眠をとるだけでなく、ふたりだけの特別な時間にしたいですよね。

あなたと一緒に寝る彼が「幸せ」を感じてくれるようなテクニックを紹介します。

「好きだよ」と伝える

ぜひ、ゆったりリラックスしながら、彼に「好きだよ」と甘い言葉をささやいてあげてください。

きっと彼氏は、喜んでくれるはずです。人間は眠る前が、一番、心身共に無防備な状態なのです。きっとあなたの愛情が、素直に彼氏に伝わるはずです。

キスやイチャイチャで甘い時間を過ごす

一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説
せっかく体を密着させて、一緒に寝るのであればキスをしたり、抱きしめ合ったりしてSEXをしなくてもお互いを満たし合える方法はいくらでもあります。

せっかくなら、甘い時間にして1日の疲れを癒やしうこともおすすめです。
とくに寝る前のキスは、お互いに幸せを感じることができるので、非常におすすめです。

彼が好きな寝姿勢や体勢を優先させる

世間的には女性よりも男性の方が、誰かと寝ることでの健康に弊害が起きやすいとされています。疲れが取れなかったり、ストレスを感じてしまうことなども科学的に証明されています。

それでも、彼があなたと一緒に寝たいといってくれるのは、深い愛情の証拠かもしれませんね。彼がなかなか眠れないようであれば、彼の好きな寝姿勢や寝やすい体勢を優先してあげることで、負担を減らしてあげましょう。

彼が寝るまで側で添い寝してあげる

あなた自身が誰かが横にいるとなかなか寝付けないという場合でも、彼が寝るまでは添い寝してあげるというのもありでしょう。

お母さんが小さな子にしてあげるように、側に寄り添って眠るまでは一緒にいてあげるというだけでも、彼に精神的な癒やしを与えてあげることができるはずです。

眠れない時は話し相手になる

布団に入ったからといって、いつもすぐに眠りに落ちるわけではありませんよね。なかなか寝付けないのには、何かわけがあるのかもしれません。

誰にも邪魔されないふたりだけの特別な時間です。彼が眠たくなるまで、話し相手になってあげれば、お互いの愛情を深めることができます。
普段は完璧な女子でも、寝る前はつい気がゆるんでしまうもの。一緒に寝る彼氏がして欲しくないと感じていることを紹介します。

スマホに夢中

一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説
スマホをいじりながら寝るのが習慣になっていませんか?

せっかく一緒にいるのに、スマホに夢中になっていたら彼もなんとなく寂しい思いをするはずです。付き合いが長くなってもできるなら、お互いに意識をスマホではなく一緒にいる相手に向けていたいものですね。

布団でわかりやすくおなら

寝る前っておならが出やすい気がしませんか?もしかしたらリラックスした時間ほど、腸も緩むのかおならがでやすくなるのかもしれませんね。

おならは生理現象なので、どうしようもない場合もありますが、穏やかなムードでイチャイチャ過ごしていたのに「ブ~ッ!」なんておならの音が聞こえたら、ぶち壊しです。

それどころか、彼氏に下品でガサツな印象まで与えてしまうかもしれません。おならが出てしまいそうな予感がしたら、「トイレいってくるね」と潔く布団からでましょう。

歯磨きや入浴の有無が気になる人も

一緒に寝るとなれば、密着することになるので普段はあまり気にならない匂いも伝わってしまいます。

口臭や体臭、汗の匂いなどもお互い気になるところですよね。安心して彼にくっつけるように、シャワーや歯磨きはエチケットとして済ませておきましょう。
彼氏とイチャイチャ布団にはいるのはいいんだけれど、実際は他人が横にいると気になってしまって眠れない…なんて人もいるのではないでしょうか。

そんな時は次のような方法を試してみてください。

彼氏が入眠するまで割り切って、彼氏が寝たあと離れて眠る

一緒に寝るとき彼が幸せを感じる言動は?彼の心理を解説
添い寝するのは、彼氏が寝落ちするまで!と自分で決めて、彼氏が入眠したのを確認したらそっと離れて好きなように眠ることにしましょう。そのあとは好きな場所に移動したりしてゆっくり眠りましょう。

苦手なことを続けて朝までずっと相手に調子を合わせるのは、至難のワザです。無理をすることはありません。

数分から、数十分の我慢と割り切って、彼氏を癒やす為の時間を提供していると思えば、彼氏との添い寝タイムも楽しめるようになれます。

彼氏が寝たらゲームや漫画を寝落ちするまで行う

普段からなかなか寝付けないタイプの人は、彼氏が寝落ちしたら自由時間だと思って頑張りましょう。、そのあとは静かにゲームや漫画など好きな時間を過ごせばいいのです。

そしていつものように、自分をリラックスさせて自分の寝やすいように意識を持って行って、寝落ちしてしまいましょう。

自分の寝られる環境に合わせてもらう

彼氏と一緒に寝るのが辛いのには、何かしら理由があると思います。

枕が合わない、自分の部屋でないと落ち着かない、寝るときの照明の問題など物理的に解決できるものは、彼氏に相談してあなたに合わせてもらうのもいいと思います。

お互いがリラックスして過ごせる時間が一番です。
体が疲れているときは、ひとりでゆっくり眠りたい。でも心が疲れ気味の時は、誰かと一緒に眠りたいと思うこともありますよね。

一緒に寝ることで誰かに寄り添って、体温を感じあうことで満たされる精神的な安らぎを得ることができるからです。

好きな人と一緒に添い寝をする関係になったのなら、安心してお互いにリラックスして過ごせるようになりたいですよね。お互いになくてはならない特別な存在になることができれば、より充実した恋愛関係が作れるはずです。(片貝まや/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事