長続きするカップルが絶対にしないこと

2020.07.29

長続きするカップルが絶対にしないこと

大好きな人とやっと付き合えたのにもかかわらず、交際期間が長続きしないのは悲しいですよね。
一度好きになって付き合ったのなら、できるだけ長い期間一緒にいたいと思います。

そこで今回は、「長続きするカップルが絶対にしないこと」4つをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。
程よい嫉妬は、自分に気持ちが向いているという確信になり、嬉しく感じるかもしれません。
しかし、干渉しすぎると窮屈に感じてしまうのも事実です。

今なにしてる?と聞くこともあるかと思いますが、毎日だと監視されてる感じがでてしまいます。
そのため、何をしているか気になることもあるかと思いますが、毎日聞くのではなく、ほどほどにしておきましょう。
好きだとどうしても彼のことで頭がいっぱいになり、「彼だけ」になってしまいやすいと思います。

しかし、相手のことを考えない時間を作ることはとても大切です。
そのためには、彼の他に自分が熱中できるものを持つことがおすすめです。

頭の中が彼だけになってしまうと、彼が忙しい時や友達と過ごしている時、悲しくなってしまったり求めすぎてしまったりすることで、相手の負担になってしまう可能性があります。

恋愛は、バランスが大事。
「求める」と「求められる」が、よいバランスであることを意識するとうまくいきやすいと思います。
お祝い事はちゃんと忘れずにした方がよいです。

お祝い事を通して、お互いの気持ちを再確認できるよい機会にもなるし、恋愛のマンネリ化解消にもなります。

気持ちが少し冷めてきていたとしても、相手のことを思ったサプライズやプレゼントで、相手が自分の気持ちを知り、惚れ直すきっかけにもなります。
そのため、相手への思いを伝えるには、お祝い事はしっかりやりましょう。
付き合い始めは、お互い気を遣いあっているため、なかなか喧嘩をすることは少ないと思います。
しかし長く付き合っていくと、お互い気が緩んで思いやりのないことを言ってしまったり、相手を傷つける行動をしてしまうこともあるかと思います。

喧嘩になってしまった時、すべて相手が悪いという状況はほとんど無いと思います。
少しでもイラッとしたら深呼吸。どうしたらよかったのかふたりでよく考えて。

それでもヒートアップするようならいったん離れて時間を取る。
そして必ずその日か次の日までに仲直りをすることが大事です。
付き合った期間が長くなればなるほど、喧嘩をしてしまう回数も増えますし、思いやりのない言葉をつい言ってしまうことも増えますよね。
お互いに意地を張って謝れなかったりするカップルも多いと思います。

ですが、「親しき中にも礼儀あり」で、長く付き合っていても、お互いの気持ちを思いやることが大事です。
それを心がけていれば、きっと長続きする仲良しカップルになれますよ。(ハウコレ編集部)

関連記事