2020.09.02

付き合いたてカップルがやりがちな失敗と対策

「彼氏ができて最高に幸せ!」と浮かれている人はいませんか?

しかし油断していると「2ヶ月で別れてしまった」というような、残念な結果を招いてしまうかもしれません。

実は付き合いたてカップルには、やってしまがちな失敗があります。この罠にハマってしまうと、幸せな時間がすぐに終わってしまうこともあるのです。

そのため、彼氏とのカップル生活を長く続けるためにも、付き合いたてカップルがやりがちな失敗と対策をしっかり学んでいきましょう。
彼氏と付き合いたてのとき、「嫌われたくない」「もっと好きになって欲しい」という気持ちから、自分を偽ってしまう人がいます。

本当はインドアなのにアウトドアの彼氏の趣味に付き合ったり、無愛想なのに無理に笑顔を作るようにしたりというようなことです。

自分の価値観を譲らず、相手にまったく合わせないというのも別れの原因となってしまいますが、相手に合わせて自分を偽り過ぎると大きなストレスを感じることになってしまいます。

結果的に彼氏と一緒にいることが苦しくなってしまい、すぐに別れることになるのです。そのため、彼氏の前では本当の自分を出すということを心がけましょう。

ワガママに振る舞うということではなく、相手を気遣いながらも自己主張をしっかりするのです。

それにより彼氏とぶつかることもあると思いますが、それは互いの違いを理解し、擦り合わせるための大事なプロセスですので、喧嘩を避けるために自分を偽るのはやめましょう。
付き合ったばかりのころはとにかく彼氏のことが大好きで、毎日のように長時間、彼氏と連絡を取りたくなってしまいます。

その気持ちもわかるのですが、これをずっと続けていると彼氏は大きなストレスを感じてしまうかもしれません。

男性は付き合う前、女性を口説くためにたくさん連絡を取りますが、付き合った後は安心してしまうため、連絡の頻度が少なくなる傾向があります。

また、疲れている日もありますし、1人の時間を大切にしたいときもあるでしょう。そのようとき、連絡が遅くなったことを怒られてしまえば、「まったく自分の事情を考えてくれない」と彼氏は不満を感じてしまいます。

そのため、連絡をし過ぎたり、「毎日連絡を取らなければいけない」というルールを決めたりして、彼氏に負担をかけないようにしましょう。

ただし、連絡をまったくしないのもNGですので、2日に1回程度は連絡を取るようにしてください。
付き合いたては愛情がピークの時期ですので、未来に大きな期待をしてしまいます。同棲して、結婚して、子供を生んでと、次々に明るい未来を想像し、彼氏ともそれを共有したくなるでしょう。

しかし付き合ったばかりであるにも関わらず、いきなりこのような話をされると男性は重く感じてしまいます。

同棲や結婚は女性にとって夢ですが、男性にとっては大きな責任を伴うものです。簡単には決断できませんし、仕事との兼ね合いもあります。

そのため、付き合いたての時期は結婚の話しは控え、彼氏に尽くしましょう。そうすれば自然と未来のことを考えてくれるようになります。
付き合いたてカップルがやりがちな失敗は、ほとんどが自分の中にある強い愛情に振り回された結果起きるものです。

愛情があるのは良いことですが、そのせいで自分本位になったり、自分を偽ったりすれば大切なものを失ってしまうことになります。

相手の気持ちをしっかり考えながら、自分も幸せになるということが長続きするためのコツですので、愛情に振り回されないように注意しておきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事