2020.09.04

恋愛は依存するから苦しくなる?心穏やかに過ごすために

彼氏のことが好きすぎて、辛い”気持ちになったことはありませんか?一緒にいないと不安になってしまったり、大事にしてもらっているはずなのに彼氏のことが信用できなかったり。

幸せな恋愛をして、本当は心穏やかでいたいのに、いつも心の中で、彼氏のことを考えては不安に悩まされているのだとしたら。それは「恋愛依存」してしまっているせいかもしれません。
本来の正常な心理状態であれば、恋をすることで人は幸せになれるはずです。
誰だって好きな人ができて、気持ちが通じて付き合うことができたら嬉しいですよね。一緒に楽しいことや嬉しいこと、悲しみや苦しみも共感しあえるような関係になれるんですから。
それなのに、人はなぜか恋愛をするたびに、苦しいという気持ちに心を支配されてしまうことがあります。
たとえば、何もないはずなのに彼氏と一緒にいない時間があるだけで不安になってしまうのです。私がいないときの彼氏は、誰と何をしているのだろうと考えます。もしかしたら、私のことなど考えてくれていないのではないか。私はこんなに彼氏のことが好きなのに。
隠れて浮気されているのではないか、疑ってしまうのです。
いくら彼氏に信用してよ!といわれても、不安になってしまう。きっとそれは彼氏のことが好きすぎて苦しいのかもしれないですね。もしそうだとしたら、今のあなたはかなりの危険信号です。恋愛は「好きすぎて幸せ」であるべきなんです。「好きすぎて苦しい」はあなたの心がもたなくなってしまいます。
若い女性に多くある心理ですが、「誰かを好きになる=依存してしまう」のでは、心が病んでしまう原因になることもあります。恋愛は楽しくて嬉しくて幸せであるべきものです。辛くて悲しくて苦しい気持ちに支配されてしまっていては、幸せにはなれないのです。

ではどうしたらいいのか?

その答えは簡単です。不安になったら、考え方を無理矢理にでもポジティブにしてみてください。
「離れていても私たちは心が繋がっている」
「彼氏も私と同じように、私を好きでいてくれる」
「だから不安はないの。だって私たち恋人同士だもの」
そんな風に考え方を変えていくことで、きっと心の底から幸せだなと思えるようになってきます。

恋愛は依存すればするほど、不幸せになります。恋をして幸せになりたいのであれば、まずは彼氏を信用して、不安になる気持ちは捨てましょう。いくらあなたが心配しても、不安がっても、実際にどうにもならないのです。あなたと彼氏は別々の人間なのですから。

無駄に不安がって依存して苦しむあなたよりも、恋愛もそのほかのことも毎日楽しんでいるあなたのほうが、きっと彼氏にとっても魅力的に感じるはずです。いつまでも愛されて心穏やかに暮らせるように、明るくポジティブに考えていきましょう。きっと笑顔が幸せを呼び込んでくれるはずです。

(ハウコレ編集部)

関連記事