2020.09.05

ずっと眺めたい!好きな人の写真を手に入れる方法を紹介!

おまじないにも「好きな人の写真を待ち受けにすると恋愛運アップ」と言われているように、好きな人の写真を手に入れると不思議なパワーが湧いてきます。恥ずかしくて待ち受けにすることはできなくても、こっそり手元に置いておきたいという人は多いのではないでしょうか。とはいえ、恥ずかしくて頼みづらいのが好きな人の写真です。そんな写真を手に入れるためにはどうすれば良いのか、おすすめの方法を3つ紹介していきます。
一番手に入れやすい方法は、集合写真を撮る方法です。好きな人のアップの写真は手に入りませんが、最近のスマホカメラは高性能なので拡大して大きく見ることもできるでしょう。スポーツの大会の後や飲み会など、誰かに頼んで撮ってもらうことで簡単に好きな人の写真が手に入ります。「今日の記念に!」といえば不自然さもないので、奥手な人でも挑戦しやすいでしょう。
どうしても好きな人が単独で写っている写真が撮りたい場合は、景色を撮るふりをして撮影するのも良いでしょう。好きな人の方向に綺麗な雲が浮かんでいる場合や、山や海などの自然物がある場合、そちらを撮影するふりをして撮ることができます。ただし、あくまで撮影するのは自然物ということを忘れてはいけません。空を撮るふりをしているのに焦点が好きな人の顔に向いていると明らかに不自然です。アップで撮ることは諦めて、隅に写っている状態を狙いましょう。他の人に「どんな写真を撮ったの?」と聞かれて見せた時に、気付かれないようなバランスで写すのがバレないコツです。
自分ではどうしても好きな人の写真を撮ることができないという場合は、誰か友達に頼んで撮ってもらいましょう。あなたにとっては緊張する特別な人でも、意識していない友達にとっては単なる写真の被写体です。特に不自然な空気になることもなく、自然な流れで撮ってもらえることでしょう。好きな人とあらかじめ親しかったり、友達のノリが良かったりする場合は、もしかしたらツーショットでの撮影だってしてもらえるかもしれません。
「好きな人が単独でアップで写っている写真がほしいけど、頼める友達がいない」という状況の場合、集合写真や景色の写真を撮るテクニックは使えません。そうすると、自分でこっそり撮ろうと考える人もいるでしょう。しかし、そうした盗撮はバレた時のリスクが非常に大きいので要注意。周りの人からも好きな人からもストーカー気質があると思われて、引かれてしまう恐れがあります。何気ない撮影や友達への依頼ができない場合、好きな人が単独で写っているアップの写真は諦める方が無難です。

入手は難しいものの、好きな人が写っている写真を手に入れることができれば毎日の癒しになるでしょう。嫌なことがあっても、その写真を見れば元気が出るかもしれません。日々のモチベーションのためにも、色々なテクニックを使ってぜひ好きな人の写真を手に入れてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事