2020.09.05

【右手編】指ごとの指輪の意味を徹底解説!

ファッションの一環として何気なくつけることも多い指輪ですが、実はつける指によって意味が違うことはご存知でしょうか。

指ごとに意味が違うのはもちろん、右手と左手で指輪の持つ意味が変わってくると言われています。

では、右手の指はそれぞれどのような意味を持っているのでしょうか。

ここでは意外と知らない指ごとの意味について詳しく解説していきます!
右手の親指に指輪をつけると、自分に自信をついて人を導くためのリーダーの才能を与えてくれると言われています。

誰かを指導しなければいけないけど自信がない時、責任の重い仕事を任されてプレッシャーに負けてしまいそうな時は、右手の親指にサムリングをつけることで事態が好転するかもしれません。

普段から自信がない人もぜひつけてみてください。

普段から注意力が散漫だと注意されがちな人ほど、右手の人差し指への指輪がおすすめです。

右手の人差し指に指輪をつけることで、集中力が高まり自分の意見に自信が持てるようになると言われています。

受験や就職、転職など自分の人生に関わる意思決定が必要な時は、右手の人差し指に指輪をつけてパワーをもらってみるのもよいのではないでしょうか。
右手の中指に指輪をつけると、インスピレーションが高まり邪気を祓う効果が期待できると言われています。

自分では一生懸命やっているはずなのに、なぜか失敗ばかりで不調続きという人はいないでしょうか。

そういう人は、知らない間に直感がおかしくなってしまっているかもしれません。ボリュームのある指輪をつけるほど効果が高まると言われているので、心当たりがある人は試してみてくださいね。
指輪のイメージが強い薬指ですが、右手の薬指は指輪をつけることで精神を安定させてくれる効果があると言われている指です。

リラックスが効果がありいつでも平常心を保てるようになる指ですので、ストレスの多い仕事をしている人は試してみると良いかもしれません。

ただし、気になる男性がいる場合は要注意。

指輪に詳しくない男性の場合、婚約指輪だと誤解してしまう恐れがあります。

絶対に誤解されたくない男性がいる人は、それとなく指輪の意味を話しておくことで無用なトラブルを避けることができるかもしれませんよ。
右手の小指にピンキーリングをつけるのはクリエイティブな仕事をしている人におすすめです。

右手のピンキーリングは表現力を豊かにしてくれるので、人見知りでなかなか人と上手に話せない人にも効果を発揮してくれるかもしれません。

自分の外見だけではなく内面の魅力をしっかり発揮してくれるので、人間関係に悩んでいる人が試してみるのもおすすめですよ。

指輪には色々な意味があるので、その時の自分に最適なものを選んで自信をつけるためのアイテムとして活用してくださいね。
(ハウコレ編集部)

関連記事