2020.09.14

下心かどうか不安!付き合う前に家に呼んでもいいの?

付き合っていないのに、「家に行きたい」と言われたらどうしますか?

恋人だったら、何の不安もなく家に招くことができますが、付き合っていないのに家に招くのは、ちょっと不安ですよね。

好きなのか、それともただの下心なのか、はっきりしてほしいところです。

今回は、付き合う前に「家に行きたい」と言われたときの対処法について、詳しく解説していきます!
付き合ってもいないのに、なぜ家に行きたいと言うのでしょうか?

理由は2つあります。

・もっと親密になりたいから

あなたに好意があり、もっとあなたのことを知りたいと思っているケースです。

2人きりで話したり遊んだり、より親密になりたいと考えていますよ。

・下心があるから

下心から家に行きたいと言ってくるケースもあります。

この場合は、付き合いたいとは思っておらず、体目的なことが多いので注意が必要です。
では、もし付き合う前に家に招くことになったら、どんな点に注意すればいいのか、注意点を4つご紹介します!

・相手と一定の距離を保つ

相手と一定の距離を保ち、相手に簡単に触れられないようにしましょう。

・沈黙の時間を作らない

沈黙の時間を作ってしまうと、その雰囲気から相手が近寄ってくる可能性があるので、なるべく会話を続ける努力をしましょう。

・熱中できるものを用意する

ゲームや映画鑑賞など、熱中できるものを用意しておきましょう。

・すぐ逃げられるようにしておく

襲われる可能性を否定できないので、ドア付近に腰かけるなど、すぐに逃げられる状態を作りましょう。

家に行きたいと言われたら、ぜひ以下の方法を試してみてください。

今回は、対処法を5つご紹介します!

・実家暮らしだと伝える

実家暮らしであると伝えると、相手が遠慮してくれることがあります。

なので、もし家に来てほしくなかったら嘘でもいいので、「親と一緒に住んでいる」と伝えてみるのもいいですよ!

・別の案を出す

家に行きたいと言われたら、別の案を出してみましょう。

「違う場所にしない?」などと伝えみたり、行きたい場所を提案してみてくださいね。

・友達も呼ぶ

もし、家に招くのに不安があるときは、「友達も一呼んでもいい?」と伝えてみましょう。

家に来ることを断らずに済むので、印象が悪くなりにくくおすすめです!

・「付き合ってからじゃないと無理」と断る

正直に「家に来るのは付き合ってからじゃないと無理」と伝えてみるのもおすすめ!

相手にあなたの本気が伝わりますし、返答次第で相手の気持ちを知ることができますよ。

・理由を聞く

どうして家に来たいのか、理由を聞いてみましょう。

相手の理由次第で、家に来ることを断った方がいいかどうかを見極めることができます。

相手の返答や態度で、本心を知ることができるので、ぜひ理由を聞いてみてくださいね。
あなたは相手に家に来てほしいですか?

もし、来てほしくないのなら素直に断って大丈夫です。

「好きだから」「嫌われたくないから」といって、無理して相手に合わせる必要はありませんよ。

相手の気持ちに無理して応えるのではなく、自分の気持ちを優先してくださいね。
もし、家に行きたいと言われたら、相手に来たい理由を聞いたりして、どのように対応するか考えましょう。

最終的には、自分の気持ちを優先し、無理な判断はしないようにしてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事