2020.09.19

「うぶ」は男性ウケがいいって本当?

あなたは「うぶ」という言葉を知っていますか。「あの子はうぶだよね」という言い方をします。「うぶ」の反対語は「ませ(ている)」になります。大人色に染まっていない女性に対して使われることが多い言葉です。そんな「うぶ」な女性は男性からとても人気があり、そこにはモテる女性の特徴が見えてきます。
 
「うぶ」は「初心」と書きます。意味は「ういういしいこと」「すれていないこと」「世間慣れしていない」などという意味です。つまり、まだ少女のような初々しさがあるというイメージです。特に美人ではないけどノーメイクが似合い、まるで少女のようなういういしさが多くの男性の心をつかんでいる「うぶ」のイメージの強い女優さんもいますね。
 さて「うぶ」と言われることは女性にとって嬉しいことなのでしょうか。実は「うぶ」と言われると「子供っぽい」と言われているようで嫌だという女性も結構います。「色っぽい」や「大人の女性」など「うぶ」とは真逆な評価を得たいと思っている女性も多いのです。 
しかし多くの男性の評価を見ると、「うぶ」こそ男性にモテるキーワードかも知れません。ただし女性の思いと男性の思いでは大きな違いがあることも事実のようです。
 
男性が「うぶ」だと感じる瞬間をご紹介しましょう。まず男性と話をしたり、ちょっと褒められたりしたときに、すぐに顔が赤くなる女性を見ると「うぶ」と感じるとのこと。またちょっとした下ネタが出たときに意味がわからない顔をしていたり、どう反応していいかもじもじしてしまう女性を「うぶ」と判断します。
 他にも異性と話すときに緊張で話がたどたどしくなる女性を「うぶ」と感じたり、付き合っていても敬語で話してくるところなども「うぶ」だと感じると言います。服装もかわいいタイプやボーイッシュなイメージで、色っぽいものやスタイリッシュなタイプより庶民的なイメージの方が「うぶ」を感じるとのこと。
 また嬉しいときは大きく喜びを表し、悲しいときはとても悲しそうな顔をするなど素直な表情をするところも「うぶ」だと感じられています。他にもちょっと手が触れたときにも「あっ、ごめんなさい」と普通に誤ってしまうなども「うぶ」を感じるとのこと。このようにちょっとしたろころで男性は「うぶ」を感じているのです。
 
男性からは「うぶ」な女性をどのように見ているかご紹介しましょう。男性は女性を征服したいという思いや自分色に染めたいという本能を持っています。そのため独立した大人の女性ではなく「うぶ」な女性の方が本能的な思いを満足させるのです。そのため多くの男性が「うぶ」に対して魅力を感じています。そんな男性の意見をご紹介しましょう。
 ・とてもかわいく感じる......「うぶ」な女性はとてもかわいい。大人の女性だといろいろ知っているから自分が背伸びをしないとダメなので疲れそう。
・自分色に染まりそう......「うぶ」な女性は自分色に染まりそうだから、これから自分好みになってもらえる。もともと自分色を持っている女性は自分の思ったようにならない。
・20代の「うぶ」はすごくかわいいと思うが、30代、40代の「うぶ」は面倒。年齢に合わせて大人の女性の魅力を持っていて欲しいが、その中からちらっと見える「うぶ」は魅力的だ。
・ガードが甘いところがありそう。すぐに恋愛関係になれるようなイメージがあるが、逆にとても拒まれそうなイメージもある。
・「うぶ」な女性はワガママを言ったりや贅沢をしないイメージがあるので、デートにお金がかからないようなイメージがある。背伸びしなくていいので楽だと思う。

「うぶ」は男性の意見から見ても、やはりモテキャラの1つのようです。「うぶ」のかわいさなどを今の自分にプラスしてみてはいかがでしょう。ちょっとしたことで恥ずかしがったり、かわいいファッションにするなどの演出で「うぶ」風の女性になると男性の本能を掴んで今よりモテるようになるかも知れません。
(ハウコレ編集部)

関連記事