2020.09.17

もう失敗しない!初デートの服装の鉄則

初デートは今後のお付き合いの流れが決まる重要なタイミング。あまりお互いを深く知らないので、服装はその人の印象を良くするための大切なツールの1つです。彼の好みを知らないと、どんな服装にしたらいいか分かりませんね。そんなときでも失敗しないための服装の鉄則があります。多くの男性が本能的に惹かれる服装をご紹介しましょう。
 
まず初デートの場合、彼の好みを知らないことがほとんど。だから、一般的に男性が好むタイプの服装にした方が失敗が少ないのです。彼の好みに合わせるのはデートをしたときに好みを聞き出し、次回からそれを取り入れればOKです。そこで男性の本能的な部分が刺激されるようなおすすめの服装をご紹介していきたいと思います。
 ただし、ご紹介した情報をもとに自分に合ったものを選ぶことが大切です。例えば一押しとしてワンピースをおすすめしますがデザインはさまざまあり、年齢や体型、顔立ちなど自分にあったワンピースを選ぶことが大切です。おすすめの情報と自分に合っているものとのバランスを上手に考えて初デートの服装をチョイスしましょう。
 
洋服にはいろいろなタイプがありますが、まずおすすめしたいのはワンピースです。理由は清楚さ、女性らしさ、優しさ、柔らかさを簡単に出せる一番無難なデザインだからなのです。そのため男性の本能にアプローチしやすくなります。
そのためデザインは優しく女性らしいもの、色はやわらかいパステル系、素材は薄手で柔らかいタイプ、丈は膝丈がおすすめです。これらの条件に合っていて自分に合うワンピースを是非チョイスしてみてはいかがでしょう。
スカート丈は膝丈あるいは膝が少し見えるぐらいがベストです。ミモレ丈やロング丈は個性が強く特に若い人たちには好まれません。また、あまりミニ過ぎると露出が気になり、遊んでいる女子と誤解を受けてしまいます。しかし、足を見たいというのはやはり男心なので適度な丈のスカートがベストです。
 しかしアウトドアデートの場合は思い切ってショートパンツを健康的に履きこなしてみましょう。単にミニスカートで足を露出するのとはイメージがまったく違います。ただし脚に自信がない場合は逆効果になってしまいます。その場合はショートパンツより少し長めのバミューダパンツやタイツを履くといいでしょう。
 
例えばボディーにぴったりとしたデザインは男性の目を意識したように見られ清純さが感じられません。とはいえボディーラインがすっきり見えないデザインではやはり男性にとっては物足りないことも。そこで例えばトップスがゆとりあるデザインであれば、その下はスキニーやタイツ、タイトスカートなどすっきりしたものを。
またトップスがぴったりしたものなら、ゆったりとしたパンツやギャザースカートのようなものを合わせましょう。このようにボディーラインは露出し過ぎず、ある程度想像させることのできるようなコーデのチョイスがおすすめです。
 
色は原色ではなくパステル系の薄い色がおすすめです。薄い色は優しさや女性らしさが強調され、男性の本能を刺激してくれます。逆にはっきりした色や柄はどうしても個性の強さが感じられ「守りたい」「自分色にしたい」という本能を刺激せず、気の強さ、強情、主張の強さを感じさせてしまいます。
 
男性は特に今のトレンドに敏感な服装を求めていません。スタイリッシュな女性と付き合った場合「お金がかかりそう」「背伸びしなければならない」「自分も決めなきゃならない」というふうに思わせてしまいます。
 
それに決まっているスタイルには隙がありません。男性はやはり女性にある程度の隙を望んでいて、それがかわいさにもつながることでもあるのです。そのため、あまり決めすぎはおすすめできません。大切なことは自分に合っていること、女性らしさがアピールできることなのです。
 
初デートはとにかく印象づくりが大切です。男性が女性に求めているイメージにぴったりのあなたをアピールできる服装を選びましょう。男性の本能をぐっとつかんで初デートを大成功に!「かわいい」「女性らしい」「ちょっぴり隙がある」「自分に似合う」を基本にチョイスしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事