2020.09.18

彼氏から愛されてないかも!別れるべきサインは?

「もしかして彼氏から愛されていないかも......」と感じる瞬間ってありますよね?でもそれってあなたの勘違いかもしれません。

愛されていないという勘違いが原因で、結局別れてしまった、っというケースはよくある話で、その場合には別れたあとに後悔を感じてしまうものです。

ではどういう時が、本当に愛されていないのか?別れるべきサインはどんなものなのか?詳しく見ていきましょう。

ここでご紹介するサインはあくまでも男性心理に基づいた典型的なものです。中には当てはまらない男性もいるかもしれませんので、別れを切り出す前に慎重になりましょう。
付き合い始めた当初は、一日に何度もLINEやメールで連絡をしてきてくれていたのに、突然連絡が途絶えてしまうことがあります。

またあなたからメッセージをしなければ連絡がないというケースも危険です。もしかしたら愛されていない可能性があります。

すぐに別れを切り出す前に、まずはあなたからもメッセージするのを止めましょう。数日経っても彼氏から連絡が無い場合には、自然消滅を狙っているかもしれません。

不毛な日々が続くだけですので、キッパリと別れたほうがいいかもしれません。
あなたのことが大好きなら、もしあなたが何か悩みを抱えている時には、彼氏は心から心配してくれるもの。もしあなたが落ち込んでいたら「どうしたの?」と悩みの相談に乗ってくれるはずです。

しかし、何もアクションを起こさず、スルーしている場合には愛されていない証拠だと言えます。彼女のことを心配にならない彼氏なんていませんからね。

心配してくれないのは、もうあなたに何の関心も無いということです。
どんだけクールで硬派な彼氏だったとしても、愛する彼女と一緒にいる時には多少なりとも笑顔で接してくれるはず。自然と笑顔になってしまうのは愛されている証拠です。

しかし笑顔が無くなり、無表情の時間が続いていた場合には愛されていない可能性があります。また口は笑っていても、目が笑っていないのも同じことが言えます。

ただし仕事やプライベートで何かトラブルが発生し、落ち込んで笑顔になれない可能性も考えられますので、別れを切り出す前に慎重になりましょう。
どこかデートへ行くことになった時、あなたの意見を一切聞いてくれずに、彼氏の判断で行き先や内容を決めてしまうようになったら要注意です。

恋人同士が愛し合い満喫するためには、パワーバランスが非常に重要で、一方的な意見ばかりとなると、愛されていない可能性があります。

確かに男性には支配欲があり、女性をグイグイと引っ張っていきたいという欲がありますが、お互いのことを決める時には、このパワーバランスは平等でなければいけません。

パワーバランスが崩れているということは、それすなわち彼女のことはどうでも良く、自分だけが楽しめればいいと思っている証拠なのです。
どれだけ彼氏のことを愛していたとしても、その気持が一方通行では恋愛とは言えません。お互いが愛し合うのが恋愛です。

男性の心理というのはとってもシンプルであり、また気持ちを抑えることができないため、つい行動や言葉に出てしまうものです。

別れたがっている男性の行動はすぐにわかります。女性のように良い意味で器用ではありませんからね。

一つでも上記にあてはまる行動があれば、よく考えてみてください。あなたが傷つく前に、あなたから別れを切り出すタイミングかもしれません。
(ハウコレ編集部)

関連記事