2020.09.18

やめよう!こんな男性からの告白は断った方がいい例紹介

よく知らない男性から告白された。その事実はとても嬉しいものですが、ここでしっかり賢明な判断をしないと長い間にわたって苦しむ羽目になるかも。今回はこんな男性からの告白は断ったほうがいいという例をご紹介します。焦って残念なことにならないようにしてくださいね。
まず彼はあなたのことを本当に見ていますか?あまり会話したことがない状態で告白された場合、共通の友達もいない、あなたを知るすべが外見からの情報だけのときは、特に彼があなたに対して勝手なイメージを膨らませている場合があります。

あなたの性格を勝手に大人しい、おしとやかなどと想像していると、いざ付き合い始めたときに「思ってたのと違う」と理不尽な言葉をかけられてしまうこともあります。
あなたをよく知らない状態で告白されたら、まずは友達から入るほうが無難かもしれません。
デートに行こうと誘ってきたのに、彼に用事が入ったら急にドタキャンする。これはあなたのことはどうでもいいと思っています。ついてくればラッキーくらいに考えて告白してきているので、相手にしない方がいいでしょう。

本当に真剣に告白してきているのなら、デートに誘った時点で他の用事は断ってきているはずです。また、何度も連絡先を教えているのに無くしたといって、また聞こうとする人も絶対に断ってください。彼らはあなたに対して誠実ではないので、付き合う価値はないかも。
これも完全に付き合ったら後悔するタイプです。あなたに彼氏がいるのに、それを伝えても「じゃあ別れたら付き合ってくれる?」と押してくる人はかなり性格に問題ありです。あなたの幸せなんてどうでもよくて、自分の気持ちだけ優先させるタイプですので、絶対についていかないようにしてください。

そもそも相手のことを真剣に考えるなら、彼氏がいるという事実を聞いたらあきらめるのが筋でしょう。くれぐれも男らしいなどど思わないように注意してくださいね。
自分に彼氏がいなくても、どんな理由であれ、付き合えないものは付き合えませんよね。しかしそういったあなたの気持ちを無視して「でも○○だし…」と理屈を並べて聞く耳を持たない人は、やめておきましょう。

いざ付き合ってもうまく話し合いができない可能性が高いでしょう。彼の精神年齢がお子様なのです。
こういった男性は大人しそうな女性に近寄っていきます。押せば自分の要求が通ると思っているので、あなたは優しさを見せる必要はありません。また断っても、他の女性に同じことをしているものです。完全に無視しましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事