2020.09.19

なんで今更?好きだったと伝えてくる男性の心理5選!

「実はあの時好きだった」と、過去に自分に好意があったことを、突然伝えられたことはありませんか?

今更好きだったと言われても、反応に困ってしまいますし、そもそも何で今更伝えてくるのか疑問ですよね。

そこで今回は!
「あの時好きだった」と言ってくる男性の心理について、詳しく解説していきます!
「あの時好きだった」と言われると、好きだったのは過去の話で、今は何とも思っていないように感じますが、実は今でも好意を持っている可能性があります!

なので、もしあなたが相手のことを好きなら、「好きだった」と過去形で言われても、諦めずにアプローチしてみましょう!
好きだったと過去形で伝えてくる人は、意外と多いです。

恋をしていた当時は、恥ずかしかったりタイミングが悪く伝えられなかった気持ちを、後々伝えることですっきりしたいと思う人が多いようです。

過去形でも、好意を抱いてくれた事実はとても嬉しいですよね!
「あの時好きだった」と言ってくる男性は、果たして何を思って今更気持ちを伝えてきたのでしょうか?

好きだったと言ってくる男性の心理を5つ、ご紹介します!

・今でもあなたのことが好き

今でもあなたのことが好きで、少しでも自分に興味を持ってもらいたいがために、好意を伝えてきた可能性があります。

好きだけど振られることが怖く、「好きだった」と過去形にして言うことで、「好き」と伝えても振られない状況を作って、好意を伝えてきたのかもしれません。

・ただ伝えたいなと思っただけ

今も好意があるわけではなく、ただ好きだった気持ちを伝えたいと思っただけという場合もあります。

ふと、昔のことを思い出したり、久しぶりに会って過去の気持ちを伝えたくなり、「好きだった」と伝えてきたのかもしれません。

・下心がある

下心から「好きだった」と好意を伝えてくることがあります。

今、本気で好きなわけではなく遊び目的で、過去に好意があったことを伝え、気を引かせようとしている可能性もあるので注意が必要です。

・彼女と別れたばかりで寂しい

彼女と別れたばかりで寂しく、その寂しさを埋めるために「好きだった」と伝えてくることがあります。

あなたの気を引き、「本気ではないけど付き合えたらいいな」くらいに思っている可能性がありますよ。

・自分のことをどう思っていたか知りたい

自分のことをどう思っていたか知りたいときに、好きだったことを告白してくる場合があります。

当時、お互いに思い合っていたのか、気になるのかもしれませんね。
好きだったと伝えてきた男性と、恋愛関係に発展することがあります。

「あの時好きだった」ということは、一度はあなたに惹かれたことがあり、他の人よりも魅力的に感じているわけです。

なのでタイミング次第では、もう一度好きになる可能性は高いと言えます。

もし、あなたが相手のことが好きなら、これは距離を縮めるチャンスですよ!
好きだったと伝えてくる男性には、様々な心理が考えられます。

好きだったと言われると嬉しいですが、鵜呑みにしてはいけません。

相手が今も自分を思ってくれているのか、それとも遊び目的で伝えてきたのか、相手の態度をしっかり確認し見極めていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事