2020.09.20

付き合ってないのに「会いたい」と言ってくる男性の心理

付き合ってもいない男性から会いたいと言われたとき、あなたならどう感じますか?

うれしくてドキドキしますか。それとも、「付き合ってもないのに……。」とちょっと迷惑に感じますか。

付き合っていないのに「会いたい」と言ってくる男性の行動には、どのような心理が隠されているのでしょうか。女性側の対処法も含めてお伝えしていきます。
男性からの何気ない「会いたい」には、複雑な深層心理が隠されています。

男性の心理を把握することで、女性側の対処法をシミュレーションすることにもつながります。
男性があなたのことを本命として意識しているかどうかによって、会いたい理由が大きく変わってきます。

少しでも異性として意識してくれているのなら、「あなたのことをもっと知りたい」という心理が隠れている可能性があります。

もし、あなたが彼のことをいいな、と感じているのなら、多少無理してでも時間を作ってあげましょう。

会った時に会話が盛り上がればさらに印象が良くなり、彼に「毎日でも会いたい」と思わせることができます。
女性の都合を考えず、一方的に何度も「会いたい」と言ってくるようなら、あなたを本命としては意識していません。

要するに、ただの遊び相手ということで、あなたよりも都合よく遊べる相手が現れればあっさりと忘れられてしまいます。

このタイプの男性にいくら尽くしても実りのある関係にはなりませんので、さっさと見切りをつけるのが得策です。
男性の「会いたい」には、大きく分けてふたつのパターンがあります。男性の誠意を見抜くためのチェックポイントについて整理しておきましょう。
男性から誘われたからといって毎回OKしていると、ただの都合のいい女になってしまいます。

彼の誠意を確かめるためにも、3回に1回は断ってみましょう。誠実な男性は彼女の都合に合わせ、無理なく会えるタイミングを探してくれるはずです。
遊び相手を探している男性にとって、ヒマな女性はまさに格好のターゲットです。「ヒマ=いつでも遊べる」ということですから、あえて忙しいことをアピールし、スキを見せないことで男性のほうも誘いにくくなります。
男性からの「会いたい」には、さまざまな心理が隠されています。本命にせよ、ただの遊び相手にせよ、まずは男性の深層心理を見きわめてほどよい距離感を心がけましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事