2020.09.21

これで次のデートも決まり!次回に繋げるためにデート中にすべきこと

「1回目より2回目のデートのほうが大事!」。これは、恋愛の鉄則です。最初のデートが何となくうまくいったとしても、2回目につながらなければ、彼との関係は発展しません。

男性から自然に「また会いたい」と思わせるためにおさえておくべきデート中のテクニックについてご紹介します!
お互いに盛り上がったのに、なぜか次のデートにつながらない……という場合、残念ながら、男性を胸キュンさせられなかった、ということです。

男性を知らないうちに虜にする、デート中の胸キュン行動について見ていきましょう。
男性は、女性が思っている以上に鈍感な生き物です。女性がひそかに「好きだ」と思っているだけでは、男性はわかってくれません。

デート中も、タイミングを見て「B君と一緒だと楽しい」、「もっと一緒にいたいな」などと伝えることで男性のほうも恋愛モードに切り替わり、あなたを本命の彼女として意識してくれるようになるでしょう。
彼女が楽しくしているほど、男性のほうも気分が盛り上がるもの。普段はクールな女性でも、本命彼氏とのデート中くらいはリアクションを大きくしてみましょう。

ジェットコースターで思いきり悲鳴をあげてみたり、お化け屋敷で大げさに怖がってみたり、レストランの料理に笑顔で「おいしい!」と言ってみたり……。

慣れないうちはちょっと恥ずかしいかもしれませんが、「彼との時間を楽しむ」というつもりで自然に振る舞えば、彼との距離感も一気に縮まるはずです。
デートでももちろん、最低限のマナーは大切です。最初のデートで遅刻するような女性はやはり好感を持たれませんし、付き合ったとしても関係を長続きさせることはできません。

約束の時間はきちんと守り、遅れる際には必ず連絡をする、という基本的なマナーを徹底しましょう。
男性が彼女を選ぶ際に意識するのは、「一緒に歩いても恥ずかしくないかどうか」ということです。

高級レストランでジーンズ、長距離のお散歩デートでピンヒール……場違いな服装の女子はどうしても印象が悪くなり、「他のことでも合わないのでは?」と思われてしまいます。

デートプランが事前にわかっているのなら、行く場所と時間にあった服装と言葉遣いを心がけましょう。
最初のデートから男性に「また会いたい」と思わせなければ、次のデートにはつながりません。さりげない仕草や行動で行為をアピールしつつ、基本的なマナーをきちんと守り、男性との距離感を縮めていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事