2020.09.20

好きじゃない相手からの告白を上手に断る方法

全く好きではない人からの告白や、既に彼氏がいる場合、告白自体は嬉しくても断らなければなりません。

その相手が友達であったり職場で今後も一緒に仕事をするといった場合、うまく断らないと気まずくなってしまいます。

とはいっても遠回りに断ると、しつこく迫られたり相手が諦められない可能性があります。
今回はそのような場合の上手な断り方について、詳しく紹介していきます。
告白されてどうやって断ろうか迷っている人は多く、2人に1人が経験しています。実際の経験談を見てみましょう。

・適当に条件を付けたら諦めてくれなかった

諦めてもらうためにと、相手にない条件をつけたら「頑張るから」と余計にポジティブにさせてしまう失敗談はよくあります。

・逆ギレされて気まずくなった

断ったら逆ギレされた経験がある女性も結構います。

本人との仲はもちろん、同じ職場の場合仕事がしにくくなるだけではなく変な噂を一方的に流されることもあるようです。

上記のような失敗をしないためにも上手に告白を断る方法を解説していきます。


・直接断る

告白されて一旦保留にした場合、気まずいからと後でLINEや電話で断ることがあります。

この場合、男性側からすると「あんなに真剣に思いを伝えたのに電話で済ませるなんて……。」と思われてしまう可能性があります。

このようなことにならないように、断る際は直接会って断るようにしましょう。

・遠回しに断らない

告白を断りにくいからときっぱり断らないと相手も切り替えることができずに疲弊してしまいます。

時間が経てばたつほど気まずくなるので、しっかり相手に伝わるように断りましょう。

・相手の気持ちを理解してあげる

断る場合でも相手の気持ちをくんで上げるだけで印象が全く違います。

ただ「好きな人がいるからごめんなさい」と断るよりも「気持ちは本当に嬉しいけど……。」と付け足すだけでも全く違います。

・元カレや何度か過去に告白された人の場合はきっぱり断る

初めてではなく過去に何度か告白されていたり、元カレという場合、気持ちをくんだ断り方などをすると同じ事を繰り返してしまう可能性があります。

同じ職場やクラスメイトなど、その後のことを考えるとケースバイケースにはなりますが、基本的にはきっぱり断った方がいいでしょう。
今回は男性からの告白を上手に断る方法について詳しく解説してきました。

上記で説明したポイントを守ることで相手をなるべく傷つけず、断りやすくなります。
ですが、全く相手を傷つけずに断るのはかなり難しいです。
あまり深く考えるのも良くありません。

正直にその時の気持ちを相手に伝えて、深追いし過ぎないようにすることも大切です。
(ハウコレ編集部)

関連記事