2020.09.20

恋愛通信Vol.2 デート編 ~デートの鉄則とは~

 
みなさん、こんにちは!
本日の恋愛通信は、デート編です。
 
前回の出会い編で、出会いは上手くいったけど、
どういう人とデートすればいいの?付き合う前のデートで大切なことは?
 
など、デートの気を付けるべきポイントをお伝えします。
 
今日からあなたもHAPPY!
では、さっそく、GO!
 
実際に会ったときや、もしくはオンライン飲み会などで、少し話してみて気が合いそうなら、次はデートに誘ってみるのがいいでしょう。
 
デートというと、ちょっと自分からは誘いにくい感じがするかもしれませんが、そんな時にこの魔法の言葉を言ってみてください。
 
「今度、ご飯でも食べに行きましょう!」
 
これでOKです。
「ふたりで」と入れられる方は言った方が、より相手も自分の事を意識してくれそうですね。
言うときのコツは、出来るだけ明るく、楽しい雰囲気で言うと相手も乗ってくれることが多いです。
 
最初から親密すぎる雰囲気で明らかに狙っている空気を出してしまうと、相手が引いてしまう可能性があるので、注意です。
 
ただし、無理をする必要はありません。
あくまでお互いの様子見という状況なので、実際お付合いするところまで発展しなくても、友達としてもう少し相手の事を知りたいな。という気持ちで誘えば良いのです。
 
そう思うと、少し気持ちが楽に誘えそうですよね。
 
 
 

誘ってOKしてくれた!
付き合う前ではありますが、ふたりで初めてのデートです。
 
ここで気を付けるのは、
飾りすぎない普段の自分を綺麗に見せる。です。
 
服装をいつもは全然着ないようなものにしたり、言葉遣いを相手の前だけで変えてみたりしても、その場しのぎにしかなりません。
 
どれだけ気になる人であっても、初めに着飾りすぎてしまうと、後で苦しくなるのは目に見えています。

そんな自分を好きになってもらっても、いつしか彼の前では本当にしたい事が言い出せなくなり、苦しくなってしまうものです。
 
そうならないために、
・自分の好きな服をクリーニングして着ていく。
・自分らしい髪型で、清潔感を出す。
・かわいさを見せつつも、言葉遣いは友達と話している感じ。
 
など、人として綺麗に振舞うべき部分はしっかり行い、自分を無理に飾ることをやめましょう。
 
 
デートとはいえ、まだ実際にお付合いしているわけではありません。
 
目の前に好きな人がいると、自分を目一杯にかわいくしたいと思う気持ちは分かりますが、
あなたが、相手の方と長く付き合っていきたいと思うのならば、それはオススメしません。
 
女の子は恋愛にアンテナを張っていて、ビビッとくることもあるかもしれませんが、男の子はそうでもないものです。
 
まずは、良き友人になるつもりで初めてのデートに臨むと、ちょうどいい距離感で接することが出来るでしょう。
 
 
いかがだったでしょうか?
今回は、「Vol2. デート編」をお届けいたしました。
次回、「Vol3. お付合い編」です。お楽しみに☆
(ハウコレ編集部)

関連記事