2020.09.21

「本命ではないかな...」惜しい女性の特徴

可愛らしくて清潔感があり、男性から見ても好印象なのになぜかあと一歩のところで本命になれない……そんな「惜しい女性」には、どのような共通点があるのでしょうか。

男性から見た「惜しい女性」の特徴をおさらいしつつ、本命女子になるためのポイントについてチェックしていきましょう。
ポテンシャルは充分なのに、どういうわけかいつも本命になれない。「惜しい女性」には、必ず理由があります。

あなた自身が「惜しい女性」にならないために、本命になれない女子の共通点を男性目線で考えていきましょう。

ちょっとずつルーズ


男性はギャップが好きですが、ネガティブなギャップは考えもの。

ルックスはちゃんとしているのに、約束の時間にいつも少し遅れる、言葉遣いが時々乱れる、カバンやデスクが汚い……ルーズな女性はやはり男性から敬遠されますし、「彼女になっても変わらないのかな」と思われてしまいます。

感情が不安定


気持ちが不安定な女性と一緒にいても男性は困るばかりで、楽しくありません。

最初のデートではニコニコしていたのに次に会ったら不機嫌で怖かった、メールの返信が極端に素っ気ない……気分に左右されやすい女性は要注意。

プライベートとオフィシャルをきっちり区別するだけでも、印象は安定してきます。

本音が見えない


いわゆる「ぶりっ子タイプ」にありがちなパターン。

料理やプレゼントへの反応がいかにもマニュアルっぽかったり、笑顔でいても感情が表れていなかったり……一見すると可愛らしくて完璧なようでも、男性からすると「作りすぎていて怖い」ということになってしまうようです。

会話が盛り上がらない


見た目がどんなに可愛らしくても会話が盛り上がらない女性は男性をがっかりさせてしまいます。

緊張して会話が空回りしてしまったり、恋愛マニュアルにこだわりすぎて逆にぎこちなくなってしまったり……会話にスキルは関係ありません。

男性の話を親身になって聞いてあげるだけでも、印象はがらりと変わるはずです。
同性人気は高いのになぜか彼氏ができない……「惜しい女性」は意外と多いものです。

時間を守る、マニュアルに頼りすぎない、自然体を心がける。

細かいポイントに気をつけるだけでも男性から見た印象は変わってきますので、あなたもここで御紹介したポイントを意識して、「惜しい女性」にならないようにしましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事