2020.09.21

告白するベストタイミングを見極めて成功させよう

片想いの相手にどのタイミングで告白すれば上手くいくのか、と考える方は少なくないはずです。信頼関係を築けていない段階で、積極的なアプローチや告白に踏み切ってしまうと、成功するどころか連絡手段を絶たれてしまったり、嫌悪感を抱かせてしまったりする場合も否定出来ません。

ベストな状況に正確な答えはありませんが、相手と心の距離が近づき触れても避けられない関係になるまでは、焦る事なく慎重な行動を取りましょう。
興味のない相手として認識されている場合、返ってくる文章が短い・返事が数日間返ってこないなど様々な事が起きると言えます。しかし、会話に前向きな姿勢が相手から感じ取れる場合、人間として好意を持たれていると考えてもいいでしょう。
どんな話にもしっかりと向き合ってくれるとしたら、「恋人になりたい」のサインかもしれません。
知人、もしくは友人から恋人に変化するきっかけの一つとして、日常生活の共有頻度が高かったり二人きりで会う時間が多かったりする事があげられます。些細な話から自身が抱える悩みまで、お互いが気兼ねなく話せる関係であれば、告白をしても良い反応が返ってくる可能生が高いでしょう。
コミュニケーションが少し足りないなと感じたら、相手の趣味や食べ物の好みを今一度確認してデートに誘ってみてください。
居心地が悪い人とのやり取りは、出来るだけチャット等で軽く済ませたいと考えるのが人間です。電話は相手をよりリアルに感じられるツールですので、信頼関係の上に成り立つ友人や恋人、そして仕事や緊急の要件でなければ、「避ける」選択を取る可能生は高いと言えます。
片想いの相手が電話を快く受け入れている場合、時間をわざわざ作って会話を楽しんでいると考えられるでしょう。
早く関係を深めたくて焦ってしまう場合は多いですが、距離が縮まっていない状態で無理に近づいてしまうと、警戒心をもたれたり、不快に感じたりする人も。時間をかけて信頼を築いていきましょう。もし接近しても嫌がられない・離れるそぶりがないのなら、告白するタイミングだと判断して良いかもしれません。
告白するタイミングを見極める事はとても難しく、明確な答えがない事だと思います。しかし、早まり過ぎてしまうと好きな人を失ってしまう一つのきっかけになる場合も。
成功しなかった場合諦めず追い続ける方は多いですが、人によっては面倒だと感じさらに距離が離れてしまう事もあるので、慎重な行動は必要不可欠です。日常をお互い共有する日々が続き、二人きりになる時間も長くなったと感じた時、心の距離が近くなったと言えるでしょう。
是非、積極的にアプローチをかけてみてください。

(ハウコレ編集部)

関連記事