2020.09.22

結婚する前にカレに聞いておきたい事5選

「そろそろ結婚が視野に入ってきたかも」

付き合いが安定して、月日がたつと、自然と結婚を考えるようになりますよね?ただ付き合いが長いからといって、彼の結婚へ対する考えを知っているわけではありません。新たなステージを踏む前に、ぜひ彼に聞いておいたほうがいい5つの項目について、今回は詳しく紹介していきますね。
もし彼が社交的で、友人との付き合いを大切にするタイプの場合、

「結婚後も家に友人を連れてくる?」

と聞いてみましょう。

「結婚後も友人を家に招きたい」

彼がそう言ったら、ルールを決めた方がいいかもしれません。毎週どんちゃん騒ぎでは、彼女が家で休むことが難しくなります。一週おきにしてもらうとか、

「これくらいのペースなら、なんとか大丈夫そう」

と、お互いの妥協点を見つけられるまで、しっかりと時間をかけましょう。 
仕事に対する考え方は、結婚生活の土台になります。お金を稼いでいくことが、生きることの根本になるからです。もし彼が転職を繰り返すタイプなら、

「今の仕事についてどう考えているの?」

と聞いてみましょう。いずれ辞めるつもりだという返答だったら、結婚は一度保留にした方がいいかもしれません。もし彼女に経済力があって、

「私が支えていく」

と思っても、やる気のない彼に、愛想が尽きるのは時間の問題。また、しっかりと仕事をしている彼でも、

「実は転職を考えている」

と言うかもしれません。その場合も、スムーズに転職できるかどうかはわかりませんから、結婚の時期を見直すのか、もし結婚をするなら、彼が無職の間、どう生活を継続していくのかを話し合っておく必要がありますね。 
「結婚後の貯金や生活費のやりくりについて、どうしたい?」

共稼ぎの場合、生活費を折半するのか、それとも一つの通帳にお金を入れて、どちらか一人で管理をしていくのかを話し合っておいたほうがいいでしょう。彼が極端な浪費家だったら、結婚後も独身の頃と同じようにお金を使う可能性もあります。また借金があるかどうかも、大切な確認事項です。逆に彼がしまり屋の場合、結婚後のあなたの買い物に、ケチをつけてくるかもしれません。お小遣いは一人いくらまでとか、細かくルールを決めた方がいいかもしれませんね。 
片付けが苦手な彼の場合、彼女の負担が多大なものになるかもしれません。せめてリビングルームだけは物をおかないようになどと、話し合う必要がありそうです。潔癖性の彼の場合は、使った食器を即座に洗わないと、嫌な顔をされるかもしれません。男性はどちらにしても極端になりがちです。無理をしない程度で、お互いに歩み寄れる距離を探ってみましょう。 
「あなたの家族について、知っておくべきことはある?」

家族の誰かが、借金を抱えているなら、必ず結婚前に伝えてもらいましょう。もちろん彼女の方もきちんと彼に報告してください。もし後から明るみになれば、相手への不信にもつながります。また兄弟が引きこもりをしているなど、マイナスのことほど、告白すべきです。結婚は家族が増えることですから、隠し事はなしにしましょう。
結婚は、ロマンティックな恋愛とは真逆に位置するものです。時には譲り合うことも必要になるでしょう。二人の気持ちが盛り上がっている場合、結婚してから考えればいいやと、安易に考えがちですが、小さな問題とはいえ油断は禁物です。結婚前にどれだけ話し合ったかが重要になってきますので、お互いが納得のいくまで、コミュニケーションを取ってくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連記事