2020.09.22

年齢が一回り違う年上の男性と上手く付き合っていく方法

年齢が一回り違う年上の男性と付き合うことになったはいいけど、不安を感じているという人もいるでしょう。


年齢差が原因で喧嘩になったり、別れることになったりするのではないかと考えると、うまく付き合って行けるのか心配になってしまいますよね。


しかし彼氏が12歳年上の男性でも、守るべきことをしっかり守っておけば、長く付き合い続けられます。


では、一回り年上の彼氏と上手く付き合っていくためには、どのような方法を取れば良いのでしょうか。


年齢が一回り違うということを考えれば、同じ時代を同じ年齢で生きていないため、好きなアーティストや昔流行ったこと、食事の好みなども大きく違うでしょう。

このような違いをたくさん感じてしまうと、会話が弾まなくなってしまうため、年上彼氏とは共通の話題を作る必要があります。そのための有効な手段が趣味です。

同じことを付き合いの中で体験していけば、それが会話のネタになるため、楽しくコミュニケーションを取れるようになります。

相手が年上だと、彼の話を聞いてばかりになってしまい、会話の量に差ができてしまうものです。しかし共通の趣味があれば、同列に話ができるため、会話の量も同じになります。

スポーツや芸術系などの趣味でも良いですし、アーティストやアイドルを応援するというものでも良いでしょう。お互いに好きなことをそのまま趣味にしてみてください。
年齢が一回り年上の彼氏とあなたは恋人ですので、そこに上下関係はありません。

しかし年齢の違いは間違いなくあるため、彼のほうが人生経験が豊富ですし、深く物事を考えられるでしょう。そしてそれと同時にプライドも持っています。

そのため、年上彼氏と付き合うあなたはしっかり彼のことを立ててあげましょう。彼の意見を尊重し、ある程度は意見を譲ってあげるのです。

彼の中にもあなたは年下という考えがあるため、何でも反論してしまうとプライドを傷つけてしまうことになります。

自分の思い通りのことをしてはいけないわけではありませんが、彼は様々な経験と考察によって答えを出しているということを忘れず、それを踏まえた上で発言してください。
彼が一回り年上ということは、若くても30代でしょう。そのくらいの年齢になると、男性は自分の趣味に興じたいときもありますし、ゆっくり1人で休みたいときもあります。

若いあなたは毎日のように会い、頻繁に連絡を取りたいかもしれませんが、彼はそうではないことが多いのです。

あまりにもベタベタし過ぎると、彼にとっては束縛となってしまい、ストレスを感じさせてしまう可能性があります。そのため、お互い1人の時間を大切にしながら、良い距離感で付き合っていきましょう。
年齢が一回り上の彼氏であれば、頼りになりますし、女心もしっかり理解してくれます。

つまり、年齢が一回り違うからこそ良い付き合いができることも多いのです。

そのため、年の差があるからこそ得られる幸せをしっかり噛み締め、楽しいカップル生活を過ごしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事