2020.09.22

「距離を置きたい」という男性の本音は

「距離を置きたい」と彼氏から言われてしまい、ショックを受けているという女性はいませんか?


しかし距離を置きたいと言われたからといって、必ずしも彼の気持ちが冷めているとは限りません。そこにある男性の本音には、様々なパターンがあるのです。


では、距離を置きたいと言ってきた彼氏は何を考えており、今後2人の関係をどうしたいと思っているのでしょうか。


彼氏が距離を置きたい理由は、仕事に集中したいことが理由なのかもしれません。

彼は最近になって仕事が忙しくなってきたり、今が一番踏ん張りどころの状況だったりするのでしょう。もしかしたら、今の仕事が成功するかどうかで、今後の人生が大きく変わってしまうような状況なのかもしれません。

そのようなとき、彼女と一緒にいる時間や彼女のことを考える時間は、悪い言い方ですが邪魔になってしまいます。そのため、今だけは距離を置きたいと思っているのです。

このような理由で距離を置きたいと言われた場合、彼はあなたのことを嫌いになったわけではありません。むしろあなたなら信じて待ってくれるだろうと信頼しています。

そのため、ここは大人しく彼の申し出を受け入れましょう。そこまで長い期間ではないはずですので、我慢してあげてください。
喧嘩などが原因で距離を置こうと言われた場合、彼はあなたに反省して欲しいと思っている可能性が高いです。

あなたは普段から感情的になりやすかったり、束縛が強かったりするのではないでしょうか?

そのようなことが原因で何度も喧嘩を繰り返していた場合、彼はなんとかしてあなたの性格を変えようとします。その方法の1つとして、一定期間会わないという方法を選んだのです。

ある意味、これはあなたに対する罰です。これで反省し、あなたの態度が変わらなければ、本当に別れを切り出されてしまう可能性もあるでしょう。

そのため、彼氏が何を不満に思っているのかを正しく解釈し、自分を変える努力をしてください。
彼氏の愛情は完全に冷めており、別れたいと思っているからこそ、距離を置きたいと言ってきた可能性もあります。

あなたはまだ彼のことが大好きで、もしも別れを切り出されたとしても、絶対に了承しないと思っているのではないでしょうか?

彼もそのことを分かっているため、本当は別れたいけれど、まずは距離を置き、良きタイミングで別れを切り出そうとしているのかもしれません。

この場合、彼は完全に冷めているため、今後も付き合い続けるというのは難しいです。

長い目で見れば、早く別れて次の恋を探したほうがあなたのためになるため、決断してください。
距離を置きたいと言われたとしても、必ずしも彼氏の気持ちが冷めているわけではありません。好きだからこそ、彼氏がそのようなことを言ってくる場合もあります。

そのため、彼がなぜ距離を置きたいと言っているのか、その理由をしっかり見極めることが大切です。

そしてその理由に適した対処を考え、あなたにとって一番良い道が開けるための努力をしていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事