2020.09.25

片思いから両思いになりたい女性が出したいサインの送り方6つ

片思い中の男性に、好きという気持ちを伝えたいと思ったとき、どのようなサインを送れば気持ちを伝えることができるのでしょうか。

ここでは、片思いから両思いになりたい女性が出せば、男性の気持ちをつかめるサインの送り方について6つご紹介します。
好きな気持ちがある男性に対して、好意がある呼び方にしてみれば、自分のことが好きなんだと気づくでしょう。

今までは、男性を名字で呼んでいましたが、下の名前で呼ぶようにすれば「あれ?呼び方が変わったな。なんか親近感を感じる」と思うようになります。

下の名前で呼ばれれば、自分に特別な感情を持っていると感じ、どこか嬉しい気持ちになった男性は恋愛を意識するのです。
好きな気持ちがある男性には、かわいらしく嫉妬をしてみせれば、好意を持っていると伝えられます。

男性が他の女性と楽しそうに話していた時、キッと女性を睨めば、自分に好意を持っているのかと感じるのです。

また、他の女性と話しだしたらわざと横を通り過ぎて、チラッと男性の目を見て「話しちゃ嫌」という気持ちで睨むと、「やっぱり俺に気があるからやきもちを焼いてるな」と気づかせることができるでしょう。
気がある男性には、人に話せないようなことを話すことで、好きであることを伝えられます。

家族にも、友達にも話せないような大切な話を聞いてもらいたいと、真剣な気持ちで相談された男性は、本気で自分のことが好きなんだなと感じ、その気持ちを受け止めてくれるでしょう。
何度かボディタッチをすることで、男性に好きである気持ちを伝えることができます。近づく時に、男性の肩や腕に軽く触れて、ニコッとかわいらしい笑顔を見せたり、ニコッとほほ笑むなどしてみれば、男性は自分のことが好きなんだと感じるでしょう。

一度だけではなく、二度、三度とボディタッチをして、笑顔を見せてみれば、男性はもっと自分に興味があるなと感じ、好きになるでしょう。

片思い中の男性を気遣うLINEを毎日送ることで、男性の気持ちを動かし、両思いになれるでしょう。

仕事が終わった後に「お疲れさまでした」と言ってみたり、休みの前の日には「ご苦労さまでした」と気遣う言葉をさりげなくLINEで送れる女性は男性の気持ちをつかみ、両思いの対象になります。

LINEで気遣う気持ちを送り続ければ、心身共に疲れている男性の気分を明るくして、両思いに発展するでしょう。
片思いをしている男性と一緒にいる時、何度も「楽しい」と言うと、両思いになれるでしょう。

男性と一緒にいるだけでも楽しい、会話ができるのも楽しい、食事ができるのも楽しいなど、ちょっとしたことがどれだけ自分にとって幸せに感じるほど楽しいか、言葉にして伝えます。

男性も楽しいと感じると付き合ってみたいと思うようになり、両思いになれるのです。
片思いの男性と両思いになりたい時は、相手に好きであることを言葉や態度、LINEなどを使い、伝えてみるといいでしょう。

焦らず、時間をかけて、男性に気持ちを伝えることが大切です。まずは、相手がどんな人かチェックしてみて、心をより捉える伝え方を選んでみてはいかがでしょうか。

(ハウコレ編集部)

関連記事