2020.09.26

2回目のデートで男性をオトすテクニック

初デートでは何となく会話も盛り上がって、距離感が縮まったのに、2回目のデートではなぜかイマイチ盛り上がらない……。

恋のチャンスは、意外と逃げやすいもの。

2回目のデートではお互いの本音が見えやすいので、上手にアプローチすれば彼に「この子ともっと一緒にいたい、話したい」と思わせることができます。

2回目のデートで意中の彼をオトすとっておきのテクニックについて見ていきましょう。
2回目のデートこそ、油断は禁物です。

初デートではお互いに緊張していても、2回目のデートとなると冷静さが出てくるため、どうしても相手のネガティブな面が見えやすくなってしまいます。

意中の彼をがっかりさせないためにも、初デートで舞い上がらず、2回目のデートでしっかり彼のハートをキャッチするコツをシミュレーションしておきましょう。
初デートであまりグイグイいくのは男性からも引かれてしまいますが、2回目のデートではあえてボディタッチを増やし、彼にアピールしてみましょう。

ボディタッチをされて、嫌な気分になる男性はいません。

まして、少なからず「いいな」と思っている女性からボディタッチをされれば、親密度がさらに深まるはずです。

笑う仕草に合わせてさりげなく肩をたたいたり、ふっと腕にふれたりするだけでも充分に効果的ですので、シャイな女性もぜひ試してみましょう。
2回目のデートで男性が女性になかなか告白できないのは、フラれるのが怖いからです。

魅力的な女性であるほど、男性からは「絶対にライバルが多いんだろうな」と見えてしまい、ますますハードルが高くなってしまいます。


女性のほうから、恋がしたい、彼氏がほしい、ということをさりげなくアピールすることで、男性に「チャンスがあるんだ」と思わせることができ、両想いになれる可能性が高まります。

ただ、その時には主語が大切で、「(あなたと)恋がしたい」、「(あなたみたいな)彼氏がほしい」というメッセージを込めることがポイントです。
モテる女性は、ギャップのアピールが上手です。

初デートでは清楚系のイメージでも、2回目のデートではちょっぴり大胆な服装を選ぶ、という風に、よい意味でのギャップを見せることができれば彼の気持ちを惹きつけられるはず。

まずは自分の武器についてよく考えて、ギャップにつなげる方法をシミュレーションしておきましょう。
「初デートよりも2回目のデートが大事」というのは、恋愛の真理です。

初デートでは遠慮していても、2回目のデートでは好意をしっかりアピールしてギャップも活用し、ぐっと距離感を縮めましょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事