2020.09.27

彼氏と喧嘩したら?彼と仲直りする方法

仲の良いカップルでも、時には喧嘩することがあります。些細なことから大きな喧嘩に発展し、思いがけない別れに導かれてしまうケースも。そうならないためには、上手に仲直りをすることが必要です。しかし、仲直りしたいと思っていても、「どうすればよいか分からない」という人が少なくありません。そこで今回は、彼氏と喧嘩した時の仲直り方法についてご紹介します。
喧嘩をすると、ついつい勢いでいつもの不満をぶつけてしまうことがあります。ヒートアップすることで、思ってもいない暴言を吐き、彼を傷つけてしまうこともあるでしょう。
そんな状況では、仲直りすることなんてできません。まずは、互いに冷静になることが必要。「すぐに謝って、仲直りしたい」と思っても、まずは互いの気持ちがおさまるまでは待つことが欠かせません。冷静になれば、どちらも「言い過ぎたな」「自分が悪かった」という気持ちも湧いてくるはずです。
大人になると、「ごめんね」を言えなくなってしまう人がいます。自分が悪いと思っているのに、プライドが邪魔をして謝れない人もいるでしょう。
しかし、彼と仲直りするためには素直になることが一番。悪いと思っているのであれば、あなたから「ごめんね」と伝えましょう。プライドを守るよりも、彼との関係を守る方が先決です。
彼と喧嘩した人の中には、「彼に原因があった」という人もいるでしょう。そんな女性は、「私は、一切悪くない」と思っているでしょう。そして、彼から謝ってくるのを待っているのではないでしょうか。
しかし、男性は自分が悪いと思っていても男のプライドが邪魔をして、謝れない、折れられない人が多くいます。そんな時には、あなたが謝るきっかけを作ってあげることが必要。「私も、言い方が悪かった」ときっかけを作れば、彼だって謝りやすくなるでしょう。
仲直りをしてからも、気持ちを引きずってしまったり、嫌な雰囲気を持続してしまう人がいます。お互い謝ったはずなのに、無言だったり、彼と目を合わせない人もいます。喧嘩に対し、何か納得いかないことがあるのであれば、納得いくまで話し合いましょう。そうしなければ、また同じ喧嘩を繰り返すことになります。
そして、仲直りした後は喧嘩の雰囲気を引きずらないこと。いつまでも嫌な態度をとっていれば、「何が納得できないの?」とまた喧嘩がはじまってしまうことになります。仲直りしたら、明るく振る舞い、スキンシップをはかって、いつも通りの二人に戻りましょう。
大人になると、仲直りは難しくなります。なぜなら、プライドやエゴが邪魔をしてしまうから。「私が悪かったなぁ」と思っていても、自分から謝れない人も多いでしょう。しかし、彼を失わないためには、素直に謝ることが必要です。プライドが邪魔をしていつまでも謝れずにいると、そのまま自然消滅なんて可能性だってあります。喧嘩は、長引けば長引くほど仲直りは難しくなりますから、早めに解決することが大切。そのためには、時には大人になって折れることも必要です。
(ハウコレ編集部)

関連記事