2020.09.27

タイミングが大事!遠距離恋愛でも距離を縮めるLINEテク

はじめのうちは気分が盛り上がっていても、長くなるほどマンネリ化し、どうしても距離が離れていく遠距離恋
愛。LINEの未読スルーがつづいていつの間にか自然消滅……というパターンも少なくないようです。

遠距離恋愛でも自然消滅しないためのLINEテクニックをまとめましたので、ぜひとも参考になさってください!

なかなか会うことができないため、どうしてもマンネリになりがちな遠距離恋愛。自然消滅は、男性も女性も寂しいですよね。


ふたりの気持ちを長続きさせるためにぜひともおさえておきたい、遠距離恋愛のLINEテクニックについて解説していきます。


遠距離恋愛では、LINEやメールが唯一の命綱と言っても大げさではありません。


言い換えれば、メールやLINEで繋がっている限り気持ちを通い合わせることができるということで、できる限りこまめにメッセージを送り合うことで気持ちを確かめることができます。


ただ、時期によってはLINEの間隔を空けることも必要です。彼氏が忙しいタイミングでまめにLINEを送ってもなかなか返信が送れず、反対にストレスになってしまうこともあります。


「最近ちょっと忙しくて……」など、彼からのメッセージを素直に受け取って、お互いに余裕のあるタイミングを見計らって短いLINEを送り合うようにしましょう。


LINEだけだとどうしてもマンネリ化してしまう……という場合は、動画を積極的に取り入れてみましょう。顔が見えて、声が聞こえる動画なら親密度もさらにアップ!お互いの距離もぐっと近く感じられるはずです。


最近では無料で長くしゃべれる動画アプリも増えてきていますので、遠距離恋愛中の方はぜひともチェックしておきましょう。


遠距離恋愛が長くなってくると、お互いに出口が見えなくなり、どうしてもネガティブな話が多くなりがちです。


ネガティブな話をしているとネガティブな気分にしかならないので、あまり良い兆候とは言えません。


LINEでも、「次に会えたらこんな映画を観ようよ」、「おいしいレストランを見つけたよ」など、できるだけポジティブな話題を出すことで会話も自然と前向きになります。


遠距離恋愛ではLINEがふたりの赤い糸。スタンプや絵文字、動画を上手に取り入れてマンネリを防ぎ、ほどよい距離感をキープすることで遠距離恋愛の辛い時期を乗り切ることができます。

(ハウコレ編集部)


関連記事