2020.09.28

あなたのその気持ちは「恋」?それとも「愛」?

恋愛という字は「恋」と「愛」から成り立っていますが、この両者にはどんな違いがあるのでしょうか?私たちは恋愛したいと思いながらも、この違いをよく理解していないものです。
しかし、私たちが本当の幸せを掴むには、この違いを理解することは必須です。その理解はあなたを本物の大人の女性へとステップアップさせてくれるに違いありません。
では、「恋」と「愛」の4つの違いについて勉強しましょう!
恋をしているときの自分の状態を表現するなら、「ドキドキ」感だと言えるでしょう。この刺激こそが恋愛の醍醐味かもしれませんね。例えば彼と手を繋いだり、キスしたり、それだけで心臓の鼓動が早くなるものです。

その一方で、愛は心地の良さを求めます。刺激的というよりも安定感が重要です。長い期間付き合ってきたカップルは、客観的に見ると落ち着いた雰囲気を感じるものです。しかしお互いが絶対的に信頼し合っているので、何も言わなくてもお互いが何を思っているのかが分かります。この安心感に心地よさを感じるのです。

刺激と安定のバランスが恋愛には重要であることがわかります。そして愛は刺激がなくても、ふたりの関係性から満足感を感じることが可能なのです。
恋をしているときにも、もちろん彼氏のために何かをしてあげたいと思いますよね?でも、そのとき心の中で「これをしたんだから、私にも〇〇してくれてもいいよね?」と思っていることはありませんか?このように恋とは相手に見返りを求めてしまうものです。

しかし愛は見返りなんて求めません。常に与え続けるのです。愛は相手に対する絶対的な信頼の上に育まれる感情です。ですから、要求しなくても相手は自分のことを好きでいてくれることへの確信があるのです。だからこそ見返りを求めずに与え続けることができるのです。
恋は相手に自分の理想を求めるものです。ですから、相手の欠点が見えてくると、その彼氏とはすぐにバイバイしてしまうわけです。

しかし愛はそうではありません。愛は相手の欠点を覆います。確かに欠点は存在し続けますが、その欠点を含めて彼氏を好きになることができるのです。一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、彼氏の欠点はたくさん身につくでしょう。しかし愛があるならば、その欠点ではなく彼の良い点に注目することができるのです。

そもそも人間関係は50:50です。つまりあなたの彼氏の欠点を許すのと同じように、彼氏もあなたのたくさんの欠点を許して好きでいてくれるのです。
恋は一時的なものです。ですからその短い期間に全力を尽くします。ワンナイトラブが起こりうるのも納得です。将来はどうなるかはわからなくても、その一夜を楽しみたいと思うのです。

しかし愛はそうではありません。愛は永遠に続くものです。ですからそのときの感情だけで行動することはありません。そしてお互いの会話が今をエンジョイすることではなく、将来の二人の生活にフォーカスしたものになるでしょう。

ですから、愛は彼氏を性的興奮を味わせてくれる存在などではなく、将来まで続くパートナーとして見れるようになるのです。

まだあなたのその気持ちが恋なのであれば、将来の話なんて重苦しい話に思えると思います。しかし、本当の愛をつかみたいなら、その話は避けては通れないことを覚えておきましょう。
恋愛とは、恋を愛に熟成させる過程のことをさすのだと思います。人それぞれ、恋愛の仕方は異なりますし、そもそも正解なんてないのかもしれません。
しかし、将来本当の愛をつかみたいのであれば、あなたの心に愛が育まれていなければならないことは確かです。愛はふたりの関係を良いものに保ち、あなた自身を美しい魅力ある女性にするのです。
(ハウコレ編集部)

関連記事