2020.09.29

ケンカをしちゃった。すぐに仲直りする秘訣を紹介します。


つきあっていても好き同士だとしても、やはりケンカは避けられないものであり、したくないと思っていてもいつのまにかケンカになってしまったという事は少なくないのです。

今回はケンカをした後の仲直りの方法についてお伝えします。
一番は大きなケンカにならないように、火種が小さなうちに歩み寄り謝ることが大事です。

ヒートアップしてからだとなかなか収まらず、かえって悪化してしまうことになるからです。

自分自身が悪くなかったと言えることが原因であっても、言い合いの中で彼を傷つける一言を言ってしまっているかもしれませんし、きちんと謝ることが大事です。
ケンカの最中にスキンシップはできませんが、何かきっかけがなければ収まることは難しいです。
ケンカをしてから少し時間が空き、お互いに冷却した時点でスキンシップを実行します。

他愛の無いケンカでしたら、謝罪の言葉もなく仲良くなれるはずですし、スキンシップほど彼と接近することはないのです。
ずっと気まずい雰囲気では、お付き合いしている意味すら感じられなくなってしまうので仲直りするきっかけは必要です。

もちろん、この仲直りは自分自身がきっかけを作ることから始まるのです。

仲直りしようの一言に彼もごめんねと伝えてくれるはずですし、きっかけがなければ男性の性格上自ら謝るのは難しいものです。

女性側は大人だからと気持ちを切り替え、男性のそばに寄り添ってみるとスムーズに仲直りできます。
面と向かって謝りにくかったり、なかなか会う機会がない方の場合、ケンカした後の対応は特に難しいものです。
LINEで打つ文字でなら、気持ちも素直に言えるという方も多いです。

冷静に考えてみると自分自身も間違っていたのだと考えられることもありますし、それならごめんねと早めに送ってしまう方がのちに楽なのです。

ケンカというのはしたくなくても、些細なことがきっかけで起きてしまいがちなものです。
全く同じ考え方の人間はいませんから、ケンカとなってもおかしいことではないのです。

大好きな相手であってもぶつかり合うことはありますし、ケンカするほど仲が良いという言葉がある通りお互いに素の状態だからこそぶつかり合うこともあるのです。

大事なのはケンカをした後の解決方法だけであり、仲直りした後はケンカ前に比べてもっと大好きになったということもあるのです。

ケンカしてしまったと落ち込む前に早く仲直りする方法を考えるべきです。

(ハウコレ編集部)


関連記事