2020.09.29

好きと愛してるは違う?男性が彼女に伝える言葉の違いとは?

好きだよという言葉は、彼から言われる言葉として彼女側はとても嬉しいものですが、愛しているという言葉にどんなイメージをお持ちですか?ドラマや大人の男性が言うイメージ?いいえ違います。

年齢問わず愛していると言う言葉は使用するのです。
今回は男性が女性に伝える愛しているという言葉と好きの違いについてお伝えします。
英語で言えばライクとラブの違いといいますが、日本語では好きも恋愛に対してを意味します。
もちろん好きな相手に使う言葉であり、それであって好きと言われたら嬉しい言葉である事は間違いないのです。

女性側も好きと男性側に伝えられる方が、なによりも言いやすいですし、年齢が若ければ若いほど好きという言葉を使用する方が多いように感じます。
好きという言葉は、人ばかりではなく食べ物やアイドルなどさまざまなものに対して伝えられる事ができ、なによりも使いやすい言葉です。
この食べ物愛しているとは、表現しませんし、違和感すら感じます。

使いやすい上になに振り構わず使ってしまうと相手にとっても捉え方があまり良い方には感じる事は決してなく、寂しさを感じる結果となりかねないです。
愛しているという言葉は、好きに比べるととても重みを感じる言葉であり、愛していると言葉を伝えられたらこちらまでもが非常に相手のことを考えます。

好きと愛しているどちらを言われたいかと聞かれたら賛否両論となりそうですが、やはり大事であるこそ愛しているの言葉の表現となるようです。
言われたい言葉ではありますが、自分自身も相手をそれだけ思う心がなくてはうまくいきませんから、非常に重い言葉なのです。
愛していると男性が女性に伝えるとき、ある程度の決意の表れがあって伝えている言葉と言えます。
もちろん、軽く伝えているわけではなく結婚も視野にいれて彼が考えている証拠なのです。

当たり前ですが、軽々しく伝える事は一切ありませんし、気持ちをきちんと受け止められる状況になったときに行動すべき内容と言えます。
どちらも相手を思って伝える言葉ですが、どちらを言われたいでしょうか?重すぎる言葉だから、愛しているとは言われたくないという女性もいるかもしれませんが、それだけあなたを思っている証拠なのです。
あなたの事を大事に思ってくれている彼だからこそ、きっとその言葉が出たはずです。
(ハウコレ編集部)

関連記事