2020.09.30

そろそろ結婚したい…...。彼にプロポーズさせる方法とは


長い期間彼氏と付き合っていれば、「そろそろ結婚かな」と楽しみにそのときを待つことになります。

しかし彼氏がいつまで経っても、プロポーズをしてこないこともあるものです。

プロポーズどころか、結婚の話をはぐらかせようとする彼氏もいるでしょう。

このような状態だと、このまま付き合い続けるべきなのか不安を感じてしまいますよね。

男性にとって結婚は大きな責任を伴うものですので、なかなか決断できないことも多いです。

そのような彼氏に結婚を決断させるためには、いったいどうしたら良いのでしょうか。

そこで今回は、なかなかプロポーズしてくれない彼氏にプロポーズさせるための方法を紹介していきます。
男性が結婚を決断した瞬間として、よく挙げられるのが、彼女に支えてもらったときです。

病気のときに介抱してくれたり、いつも生活の面倒を見てくれたりされると、「この人と一生一緒にいたい」と決断できるようになります。

しかし逆に、いつも彼氏があなたに尽くしている状態だと、なかなか結婚したいとは思いません。そのため、プロポーズもしてくれないでしょう。

そのため、プロポーズされたいのであれば、とにかく彼氏に尽くす必要があります。特に彼が風邪をひいたときはチャンスですので、面倒を見てあげると良いでしょう。
彼氏がなかなかプロポーズしてくれないのは、結婚に対して一歩踏み出す勇気が持てないからでしょう。

彼氏が一歩踏み出す理由は様々ありますが、その中の1つが周りからのプレッシャーです。

特に家族などから「まだ結婚しないの?」と何度も言われると、徐々にその気になっていきます。

もしもあなたが彼氏の家族と顔見知りであれば、家族がそのようなプレッシャーをたくさんかけてくれるでしょう。

自然と彼氏も結婚を意識し始め、プロポーズをしてくれるようになるため、おすすめです。

彼氏の家族とつながりを持つのは難しい部分がありますが、彼氏に家族へのプレゼントを渡すなどすると良いでしょう。

「お母さんにでも渡しておいて」といって、化粧水などをプレゼントすれば、あなたの存在を家族が知ることになりますし、好感度も上がります。試してみてください。
「結婚したい」と彼氏にアピールをして、その後まったくアピールをしなくするというのも、おすすめの作戦です。

「結婚したい」と彼氏に言ったとしても、軽く受け流されるというのが関の山でしょう。

しかしそれを何度も行ってみてください。

そしてその後、まったくアピールをしなくなると、彼氏は不安になってきます。もしかしたら別れを考えているかもしれないと思い始めるからです。

結婚したいアピールを何度もしていた人が突然やめれば、彼氏も焦るはずです。これにより、急いでプロポーズを行うようになることもあるため、試してみましょう。
彼氏がなかなかプロポーズしてくれないと不安になってしまうものですが、彼氏も結婚に対する不安を感じているのかもしれません。

そのため、気長に彼氏のことを待ってあげるというのも大切なこととなります。

どうしても待てないという人や、十分待ったという人は今回紹介した方法を試してみましょう。

それで彼氏が本当に結婚する気があるかどうかを判断することもできます。

(ハウコレ編集部)


関連記事