2020.10.02

「うーん.....」男性の気持ちが冷めていく意外な瞬間


男性も意外と繊細なところが多く、女性側の言動や行動次第で冷めていってしまいます。

「案外何言っても、やらせても大丈夫だ」と思っている女性は特に危険です。
彼氏側はそんなあなたに冷めてしまっている可能性があります。

そこで、今回は男性の気持ちが冷めていく意外な瞬間をピックアップしました。好きな人や恋人がいる女性は是非、ご参考にしていただければと思います。
 
男性に対して、よく昔の彼氏の話をしてしまっている時はありませんか。

意外と男性はそういう話を聞くのが嫌いだったりします。笑顔で聞いてくれていると思っても、内心冷めている可能性があります。

なので、できるだけ男性の前でべらべらと昔の恋人の話をするのはやめましょう。昔の恋人の愚痴は、どちらかというと同性の友達とすべき話題なのです。
 
どちらかというとデートなどのイベントで気を遣ったり、何かを勧めることが多いのは男性側なはずです。

そこで、色々と気遣って提案することを女性側に非難されたり、断られたりすると内心冷めてしまっている可能性が大きいです。


女性側は男性側が気遣ってくれたことや、勧めてくれたことにはなるべく乗りましょう。

断ったりする場合も、オブラートに包んだり、逆に提案するなど相手に対して気遣いを見せるべきです。

そうすれば、相手の気持ちも男性側も冷めることはないでしょう。
男性側も、女性側と同様に相手の行儀よさを見ています。

ましてや公共の場であれば、尚更です。

男性も案外細かいところまで見ているところが多いので、細心の注意を払うべきだと思われます。
いつ見られても良いように普段から行儀のよさは徹底しておきましょう。

よくも悪くもデートなどでは、素の自分が出やすいということを肝に銘じておくべきです。
 
女性側がアイドルやかっこいい男性の話をしている時、男性はよい思いをしていないかもしれません。

女性側は、つい夢中になって話してしまうことがあるかも知れませんが、十分に注意をしましょう。

男性の前ではできるだけ、話題を変えましょう。
話題に対しても気を遣うのは大切なことなので、それだけは忘れないでください。
 
男性も女性と変わらず、ナイーブな部分があります。

表ではニコニコしていても内心では冷めたり、嫌な気分をしているかもしれません。            今回ご紹介したタイミングではくれぐれも注意してください。

男性側は自然と女性側をエスコートする場合が多いです。
なので、女性側もある程度気遣いをすることは大切です。

お互いがお互いを思いやり、より良い人間関係を目指して活きましょう。
(ハウコレ編集部)
 

関連キーワード

関連記事