2020.10.02

好きな同僚を手軽に誘う口実3選

好きな同僚をデートに誘いたいも中々声をかけれないという人もいるでしょう。お互いが仕事の日がかぶっていたり、休日もかぶっていればいいですが、中々かぶるということも少ないですよね。

でも同僚をデートに誘いたいと思う人に、手軽に誘う口実を3選ほど用意しました。好きな同僚を誘うのであればこれを言ってみてはどうでしょうか?
少し恥ずかしさを無くすために「暇なら」と誘う方法です。相手も休日で暇なら行こうかなという気にさせるので、とても使える口実です。

逆に休日でなく仕事の場合は、休日いつなの?ということを聞いてこちらが予定を合わせてあげるようにしましょう。ショッピングをする時は相手を荷物持ちにさせないように気を付けましょうね。
今度と言うことでいつか一緒に行きたいということを誘います。日程を合わさずとも空いている時や退勤時間が一緒の時に「飲みに行く?」と誘うといいでしょう。

この誘う口実の利点は気軽に声をかけることができて、一緒にご飯を食べようという意味にもなります。もし声をかけようとした時に周りに他の人もいるのであれば、時期を見て1人でいる時に誘うといいです。
好きな同僚の趣味を知っていてあえてそれで遊ぶという方法もありでしょう。例えばゲームであればゲームをして一緒に遊ぶ、DIYなどが趣味であれば一緒に何かを作るといったことをすればいいです。

「一緒に」というところがポイントで、ふたりで何かをするという誘いを出すことができます。緊張をしてしまうかもしれませんが、気軽に誘うのであればこういった誘い方もあるのです。
無理やり誘おうとする口実はNGです。例えば「〇日にここきて」というような口実は相手の承諾を得ていません。無理に誘うという方法を思いついてしまいがちですが、相手にもスケジュールがあり、そのスケジュール次第では行けない日もあります。

それを無理やり誘うのだけは辞めておくようにしましょう。本人が一緒に何かをしたい、行きたいという時のための誘う口実なので、無理に誘うものではありません。本人の意思もしっかりと尊重するようにしましょう。
好きな同僚を手軽に誘うには柔らかい口調で言うことが大切です。もし同僚であれば友達感覚で誘うのもいいでしょう。気軽に、そして手軽に誘うことで相手も反応しやすくなります。
(ハウコレ編集部)

関連記事