2020.10.02

好きでもない人から断る5個の言葉


好きでもない人から告白をされて困ることもあるでしょう。

普通に断りたいけど何と言えばいいか分からないという人もいると思います。
断った後が怖いという人もいるかもしれないですね。

今回はそんな好きでもない人から断る5個の言葉についてお話したいと思います。どういった言葉で断ればいいでしょうか?
他に好きな人がいるということを言うと諦めてくれる人も多いです。

他に好きな人がいるということは、告白をしてきた人はその人以上に好かれる必要が出てきますよね。

実際に成功させた人はいるものの、滅多にそういうことはありません。

好きな人がいて他の人からきた場合はこれを言うことで解決するでしょう。
興味がないからごめんなさいと断ることも大切です。

興味を持たせるようなことを言ってしまうと相手をその気にさせてしまいます。

興味がないことを言うと可能性を無くすことができるので、そういう言葉も時には必要になるのです。

もしそれでも来るようであれば他のことを言って極力話さないようにすることが大切です。
これは好きじゃないということとイコールで、相手はショックを受けることもあるかもしれません。

友達同士でいたいということであれば、もっと柔らかい言葉で伝えるといいですが、可能性を与えないためにもズバッと言うといいです。
本当にごめんなさいと言うと、可能性も無くすことができます。

それ以降も接することが多いのであれば、口数を減らしたり、極力話さないようにすることも大切になります。
相手と付き合えないことをしっかりと伝えることも必要になるでしょう。

好きでもない人から告白をされる場合は、はっきりと無理ですと断らないと2度も3度も近づいてくることもあります。ここは冷酷に伝えることも大切です。
周りの人に応援を求めましょう。

相手がヒートアップしてくると1人では対処できなくなってしまうこともあります。

何度もきてしまう場合は友達の協力を求めたり、極力1人でいないようにすることが大切になります。
好きでもない人から断るには相手を諦めさせるしか方法がありません。

強く断ることをしなければ相手は何度もアタックしてくるので、こちらも辛いですが切り離す覚悟で「無理」だということを伝えるようにしましょう。
(ハウコレ編集部)


関連記事