2020.10.08

今さら聞けない!男性と2人でディナーを楽しむ際の食事マナー

日本では特に食事マナーに対する見方が厳しく、デートをする際でもお互いの第一印象に大きく関わる部分ですので、特に注意が必要です。

ここでは、絶対に抑えたい食事マナーについてご紹介しますが、中には「習慣化できていなかった!」という方もいると思うので、習慣化できていない方は特に注意して目を通してみてください。
食事マナーといっても、お箸の持ち方やご飯の食べ方などさまざま。「私は大丈夫」と思う方もいると思いますが、実際自分が気づいていないだけで、知らず知らずのうちにマナー違反をしてしまっているケースが多々あります。

性別に関わらず、マナーを把握できていない方は自分の第一印象を自ら悪いものにしてしまっている可能性があるので、食事マナーに関してもしっかりと確認しておくことが必要です。
食事マナーと聞くと、なんだか小洒落た高級料理店での作法だと連想されやすいですが、ファミレスでも高級料理店でも、ご飯を食べる際は常に食事マナーに気を配っておく必要があります。

「高級料理店じゃないからいいや」なんて気持ちが相手にも伝わり、第一印象として「マナーがなっていない」などという悪い印象がもたれてしまいます。ですので、高級料理店でなくとも、ご飯を食べる際、食事マナーはしっかりと意識しておきましょう。
抑えておきたいマナーをご紹介する前に、食事マナーがなっていないことで考えられるデメリットについて確認していきます。

先述した通り、食事マナーが守れていないと、良い印象があまり持たれません。さらには、せっかく楽しめるはずのデートも台無しに。

これには第一印象の良し悪しが関係しており、第一印象が悪くなると、その後の会話などにおいても、必要以上に距離を置かれたりするため、自分が思うほど距離を詰めて会話をすることができなくなってしまいます。

それでは、今回のメインテーマである、抑えておきたい、抑えておかなければならない食事マナーを3つご紹介していきます。

①箸渡し

食事マナーの1つ目は、「箸渡し」です。完全に心許せる友人と一緒だと、ついやりそうな動作ですが、デートにおいては厳禁。相手がマナーについて把握できていなければ別ですが、こちらは多くの方が知っているであろうマナーですので、箸渡しをしてしまうとドン引きされてしまうので要注意。

②店員さんへの対応

女性が男性を見る際の項目に含まれるほどよく知られているマナーですが、店員さんに対して「ありがとうございます」、「お願いします」など丁寧な口調で対応していると、なんだか上品な女性に見られますし、マナーがなっている女性として高く評価してもらえます。

③「いただきます」、「ごちそうさま」

こちらも基礎中の基礎のマナーですが、意外と「いただきます」と「ごちそうさま」が言えていない方がいます。こちらも店員さんに対する対応に部分的には含まれますが、基礎的なマナーゆえにこれができていないと第一印象も悪い方へ一変する可能性が大いに考えられます。
幼い頃から養われてきたであろう食事マナーですが、今回ご紹介した「箸渡し」、「店員さんへの対応」、「いただきます、ごちそうさま」は基礎的なマナーですので、相手にドン引きされないよう、今一度自分がマナーを守れているかを確認し、改善すべき点はしっかりと改善しておきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事