2020.10.08

好きな人はコミュ障。付き合うためのアプローチ術とは

好きになった人がコミュ障で、何度話しかけても会話にならないと、お困りの人はいませんか?

コミュ障とはコミュニティー障害のことで、コミュニケーションを取るのが苦手な人見知りの人のことなどを指す言葉となります。

このような相手と仲良くなるのは至難の業ですし、積極的に話をしに行くと逆に拒否されてしまうこともあるものです。いったいどうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、コミュ障の好きな人へのうまいアプローチ方法について解説していきます。
コミュ障の男性は特に女性と会話するのが苦手という場合が多いため、いきなり仲良くなることは無理だと思っておいたほうが良いです。いきなり距離を詰めようとすると、避けられてしまうこともあります。

そのため、コミュ障の男性と仲良くなるためには、少しずつ距離を詰めていくということが大切です。

まずは1日数回ずつ会話をしていくようにして、そこから徐々に回数を増やしていきましょう。仲良くなるためには数ヶ月という時間がかかるため、そこまで根気強く毎日、少しだけ会話をしましょう。

このようにして少しずつ仲良くなっていけば、コミュ障の男性もあなたと会話することに慣れていきます。そうなれば彼も、少しずつ会話していけるようになるため、まずはそこまでの関係性になることが大切なのです。

会話の内容は男性の趣味や好きなことを話すと良いです。そのことを教えてもらったり、あなたも勉強して好きなことを共感するような話し方をしたりすると、コミュ障の彼も話しやすくなります。
コミュ障の人は自分に自信がないことが多いです。だからこそ、自己主張をしたり、うまくコミュニケーションをとったりすることができません。

そのような彼に対して、意見を否定するようなことをしてしまうと、すぐ自分の殻に閉じこもってしまいます。場合によっては、あなたと会話することを避けてしまうようになるかもしれません。

そのため、コミュ障の彼と会話をするときは否定せず、常に肯定するようにしてください。そして褒めてあげるということも心がけておくと、彼は自信を持って会話できるようになります。

コミュ障が相手のときは、仲良くなること以上に嫌われないことが大切です。仲良くなってくると油断して、思わず相手の言ったことを否定してしまうときがあるため、そうならないように注意しておきましょう。
コミュ障の人は面と向かって話すのが苦手です。しかしSNSやラインなどを使っての会話であれば、緊張もだいぶやわらぎます。

このような特性があるのですから、利用しない手はないでしょう。そのため、なかなか仲良くなれないときは、まずSNSやラインを使って文面で会話してみてください。

そうして彼があなたはどういう人物なのか理解すれば、面と向かって話すときにも緊張しないで話せるようになります。普通に話すよりも早く仲良くなれるため、試してみてください。
好きな人がコミュ障だと、会話を普通にするのも難しいですが、彼が慣れていけばいずれ普通に会話できるようになります。

恋愛関係になれるかどうかは、そこまで関係を築いていかなければわかりませんが、彼も女性には縁がないはずですので、可能性は高いでしょう。

コミュ障が相手の場合、あなたから積極的にアプローチしなければ、恋愛関係になることはできないため、恥ずかしがらず勇気を持って自分から積極的に声をかけていきましょう。
(ハウコレ編集部)

関連記事