2020.10.11

結婚前に知っておきたい!子煩悩男子のチェックリスト

いまの時代、イクメンは結婚相手の必須条件です。とくに、結婚後も仕事を続けたい、と考えている女性にとっては、子ども好きで面倒見のいい男性かどうかをさりげなくチェックしておきたいところ。

ここでは、初対面のときからチェックしておきたい、「子煩悩男子」の特徴について具体的にお伝えしていきます。
男女平等が当たり前になっている時代とはいえ、すべての男性が結婚してからイクメンになってくれるとはかぎりません。

古い価値観の男性と付き合うと、カップルのころは頼もしく感じられるかもしれませんが、結婚すると女性のほうが家事や育児を一手に引き受けることになり苦労することも……。

イクメンになってくれそうな「子煩悩男子」のチェックポイントについて見ていきましょう。
将来イクメンになる男性は、ほぼ例外なく子ども好きです。口だけで「子どもが好きなんだ」とアピールするのは簡単ですが、街中で子どもを見かけて自然と微笑む男性は本当の子ども好きと言えるでしょう。

女性のほうからさりげなく子どもの話題を振ってみるのもよいでしょう。イクメンの素質があれば、彼も自然と笑顔になり、話がいつまでも尽きないはずです。
「主夫」という言葉も、すっかり定着しました。イクメンは育児はもちろんのこと、炊事や洗濯、ゴミ出しまで、家事全般をこなすのが上手で、そのうえ楽しそうにやってくれます。

ふだんのデートで自分のお弁当を持ってきたり、お家デートで手料理を振る舞ってくれる男性はイクメンの素質あり。

子どもの送り迎えやお弁当作りを率先して引き受けてくれたりと、さまざまな場面で女性をサポートしてくれるはずです。
将来イクメンになる男性は、細かいことに気がつきます。整理整頓も得意なので部屋もきれいで、お家デートでも男くささを感じません。

結婚しても、「ほら、部屋をさっさと片付けてよ!」なんてケンカすることもないかもしれませんね。
付き合ったときには子煩悩男子ではなくても、結婚後のコミュニケーション次第で彼氏を立派なイクメンに変えることができます。

肝心なのは、新婚時代。この時期に夫婦でしっかりと役割分担を行い、「できないこととしてほしいこと」をわかりやすく伝えることで、どんな男性でも見違えるようなイクメンに変身させることができます。
イクメンも、ある意味では才能のひとつです。デート中の何気ない態度をチェックするだけでも、彼氏のイクメン度をチェックすることができます。

天性のイケメンではなかったとしても、女性のほうが上手にリードし、コミュニケーションを深めていくことで頼れるイクメンに変身させることができます。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事