2020.10.11

それ知らないは禁句!?年上彼氏と付き合うときに気を付けたいこと

年上彼氏って大人の余裕を見せようとして、傷ついていてもそれをあまり見せないもの。また年下だからと言って、彼からの上から目線がひどいとあなたもイヤになってしまいますよね?
お互い積もり積もって別れようなんて言われてしまわないよう、年上彼氏と付き合うときに気を付けたほうがよいことをご紹介しましょう。
しっかり読んで、いい関係を築いていってくださいね。
デートに行っても楽しくなさそう、おうちデートでも寝てばかり……なんてときは、彼は疲れているのかも。やはり年齢が上がるごとに体力は落ちますし、疲れが取れにくくなります。機嫌が悪く見えても、実は疲れているということって多いんですよ。
つまらない、と拗ねてしまうのではなく、デートを早めに切り上げたり、ゆっくりさせてあげるようにしましょう。
「こんな歌手知らない!」「そんなのが流行ってたの?」などジェネレーションギャップを感じて言ってしまうことって、よくあると思います。ときにはそれがふたりの間でお決まりのギャグのようになるかもしれませんが、実は彼はそんな発言に傷ついていることも……。
たまにネタにするくらいなら、楽しい会話の一部でしょうが、言いすぎないように気を付けましょう。
また「あなたは○歳も年上だからわからない」など年齢というどうしようもない要素を責めても何も解決しません、やめましょう。
年上彼氏はとっても頼りになるし、またふたりの関係をリードしたがるもの。付き合い始めはそれでもいいかもしれませんが、長く関係が続くと、彼の考えや都合にばかり振り回されることにあなたはストレスを感じるようになるかもしれません。
もちろん甘えたり、頼りにすることはよいのですが、たまにはあなたの意見や考えていることもはっきりと言いましょう。
本当に年上彼氏に包容力があるならば、彼はそんなあなたのことも包み込んでくれるはずですよ。
テレビで同世代のタレントが出ていたら話題に出したり、仕事の話の最中にふと同期や年齢の近い同僚について話すことってありますよね?
このとき、相手を褒めすぎないようにしましょう。なぜなら年上とはいえ彼も男。もちろん嫉妬心は感じますし、年齢が離れているからこそ、「本当は同世代のほうがいいんだろう」などとこじらせてしまいます。
同世代の男性のことを褒めたのなら、倍ぐらい年上彼氏のことも褒めてくださいね。
年上彼氏はハウコレ女子と同世代の男性よりも仕事において、上の立場にあったり、責任ある仕事をしていることが多いです。仕事が原因の時は、一緒に過ごせる時間が少ない、連絡が遅いなど責めるのはやめましょう。彼はあなたとの関係から逃げ出したくなってしまいます。
そんな彼の仕事について理解を示し、忙しそうな時期はわがままは控えるようにしてください。
彼はより、あなたのことを大事にしてくれるようになるはずですよ。
いかがでしたか?今回は年上彼氏と付き合うときに、気を付けたいことについてご紹介しました。お相手が年上だからこそ、あなたの発言によって傷つけてしまうポイントがあることをおわかりいただけたと思います。
今回ご紹介したポイントに気を付けつつ、楽しい時間を過ごしてくださいね。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事