2020.10.12

手紙を書くならまずはここから!基本的な手紙の書き方

こんにちは!
みなさんは手紙をどれくらい書いたことがありますか?

最近ではSNSなどの発達もあり気軽に遠隔の人とやりとりをできるようになったために、手紙を用いる人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は手紙の書き方について話を進めて行こうかと思います。
手紙を出すのは大事な場面などが多いのでしっかりと手紙に関する知識をつけておきましょう!
まず、手紙を書く時に始めに考えるのは誰に当てて手紙を書くのかということです。
相手によって手紙の書き方の種類を変える必要があります。

例えば、相手によって語尾を変えたり、文章の構成を変えたりといろいろと違いがあるものです。

なので、手紙を書く際はまず誰に向けて書く手紙なのかというところをはっきりとさせておきましょう!

ここをしっかりと注意しておかないと相手によっては失礼な手紙を書いてしまうということにもなりかねないのでしっかりと注意してください。
手紙を書く相手が決まったら次は内容について考えるということをしましょう。

相手に伝えたいことは何なのかという軸がはっきりしていないと文章を書いている途中で何を書いているのかわからなくなってしまいます。

なのでまずは軸をしっかりと据えてそれに付随させる形で内容を膨らせていきます。

こうすることであまり関係のない内容について書くということが減って、相手に伝わりやすい文章を書くことができます。

文章がおかしいなという方の大半は後先考えずにとりあえず書きまくるという人が多いです。
なので、しっかりと文章の内容を考えて美しい文章を書けるようにしましょう!
内容が決まったら次はパートに分けて考えるということをしたら文章がしっかりとまとまります。

例えば、最初に挨拶文を書いて中身は思い出を二つ程度書いて終わりは終わりの文章という形で四部構成にする。といったようにあらかじめ決めておくと話の脱線を防ぐことができます。

他にも文章の組み立て方には様々なことがあるのでネットで調べてみるとより知識が身につくので調べてみてください!
基本的な手紙の書き方について知識をつけることはできたでしょうか?
どういう風に書いていけばいいのかという目星はついたのではないでしょうか?

ある程度、目星がついたという方は実際に手紙を書いてみましょう!

そうしてちょっとここ変だなと思うような所があった場合にはその都度修正していきましょう!

手紙はいきなりすんなりと上手く書けるようなものではないと思いますのでしっかりと修正しながら書くことも大切です。

試行錯誤を繰り返して美しい文章を書けるようにしていきましょう!
(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事