2020.10.12

彼氏に愛されるには「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」がカギ

どうもあかりです。
タイトルにもあるとおり、私は「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」という状態でお付き合いをすることが、彼氏に愛されるための一番の秘訣だと考えています。

今日の記事では、まずは「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」が大切な理由についてまずお話しした後、それを普段の言動に落とし込む具体的なコツについてご紹介していきたいと思います。

では早速いってみましょう。

「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」
というフレーズを読んで、「え、大好きと夢中って同じことじゃないの?」と感じた方もいると思います。
まずはこの当然の疑問から解きほぐしてみましょう。

たしかにこの2つは一見似ています。
しかし、「大好き」と「夢中」を、それぞれ「愛情」と「依存」に置き換えてみると、この2つが実は別物だということがわかるのではないでしょうか。
この2つの私なりの定義は、次のとおりです。

「大好き(愛情)」:彼氏に対する「好き」の感情の強さ、レベル
「夢中(依存)」:彼氏に対する「好き」が、自分の頭の中を占める割合の大きさ

たとえば、仮に彼氏のことが「大好き」でも、彼氏のほかに大好きなこと(例:趣味、仕事)があれば、「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」という状態になります。

反対に、「彼氏のこと【だけ】が大好き」だと、愛情のレベルが強いだけじゃなくて、依存のレベルも高くなってしまうということです。


さて、「大好き(愛情)」と「夢中(依存)」の2つの違いを見てみましたが、それではなぜ、「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」状態が愛されるのでしょうか?どうして、「彼氏が大好きで、彼氏に夢中」な状態ではいけないのでしょうか?

それは、男性が「好きな女性を自分のモノにしようとする過程」にこそ、恋愛の醍醐味を感じる生き物だからです。
「釣った魚に餌をやらない」という言葉もあるように、「釣った魚」にはあまり興味が持てないのです。完全に釣られてしまってはいけない。

今度は猫を例にしますが、完全な飼い猫になるよりも、「たまに家に来る、自分に懐いてくれている野良猫」になる方がいいのです。その方が、会っていないときに相手の女性のことをたくさん想ってしまう。

さあ、そろそろ理解していただけたでしょう。
簡単にまとめれば、「たしかに彼女は、俺のことを好きで居てくれているけど、もっと好きにさせたい!」と彼氏に思ってもらい、そして彼氏に「追いかけ続けられる彼女」になるために、「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」状態が一番理想的だということです。
ではここからは、「大好きだけど、夢中じゃない」状態を具体的に実践していく方法をご紹介します。

■愛情表現は惜しみなく


まず、「大好きだけど、夢中じゃない」を実践する前提として、愛情表現は惜しみなくやってあげることです。
とくにデート中、たくさん「好き」と言ってあげたり、ハグやキスを通じて、たくさん愛情を伝えてください。

これは後で「大好きだけど、夢中じゃない」の「夢中じゃない」の部分を実践するための前提条件です。

前半の「大好き」の部分が不十分なまま「夢中じゃない」を実践してしまうと、ただ単に「俺に対する愛情が薄い彼女」になってしまって、愛されるとはほど遠くなってしまいますので、気を付けましょう。

なお、「愛情表現が苦手……」という人も多いと思いますが、そういう方はぜひ私の過去記事を読んでみてください。
たとえば、「愛情って感じて♡彼に「好き」の気持ちを伝える、ことば以外の方法」など。この記事では、「好き」という言葉を使わずに彼氏に気持ちを伝える方法をご紹介していますので、愛情表現が苦手な女性にきっと役立ちます。

■「暇なら会う」をやめてみる

さて、デート中での愛情表現を十分に行って「大好き」の部分を作ることができたら、次は「だけど、あなたには夢中じゃありませんよ」な部分を演出していきましょう。
人によっては、少し「辛い」と感じることもあるかもしれませんが、「暇なら、とりあえず彼氏に会う」という考え方、行動をしてしまっている人は、まずはそれをやめてみましょう。

単純な話、彼氏から見て、「暇なとき、いつでも俺に会いたいって言ってくれる彼女」は、「俺以外に好きなこと、興味のあるものがない彼女」の一番わかりやすい例です。
彼女がこういうタイプだと、彼氏からすれば「俺が会いたいって言えばほとんどいつでも会える彼女」になってしまいますので、「彼女とデートをすること」の特別さがなくなってしまいます。

「えー、でも彼氏と会う以外にマジでやることないんですけど」という人もいるかもしれません。たしかにそういう人が、いきなり「暇なら会う」をやめたって、急には「やること」は出てきませんよね。

でも、それでいいです。まずは「形から入る」ことをやってみましょう。とりあえず「暇なら会う」をやめれば、そのうち「やること」ができるはずです。逆に、「暇なら会う」をやっているうちは、いつまでも「彼氏と会う以外」にやることが出来ませんから。

■彼氏と会っていないときの連絡は最小限でいい

語弊を恐れずに言います。
彼氏と会っていないときの連絡(LINE)は、少なければ少ないほどいいです。
LINEには、「愛情と一緒に依存を伝えてしまう」というデメリットがあります。たしかに便利なのだけど、これは覚えておかないといけません。

「え、どういうこと?」と思った方が多いと思いますが、具体例を挙げるとわかりやすいです。
たとえば、あなたの彼氏がデート中に「好きだよ」「かわいい」とたくさん言ってくれたとしましょう。これは普通に、ただただ嬉しいですよね。
しかしその彼氏が、デートをしていないとき、つまりLINEで「好きだよ」「かわいい」とたくさんメッセージを送ってくれたとしましょう。たまになら嬉しいかもしれませんが、もしも一日に何十通も来たら、どうでしょうか?
さすがに「気持ち悪い」って少し思い始めるんじゃありませんか?

LINEは、(当然ですが)「会っていないときに送るもの」です。だから、LINEを送るということは、単に「好き」なだけじゃなくて、「今はあなたに会っていないけど、あなたのことを考えていた」というメッセージにもなってしまうんです。
もちろん、本当にさみしいときとか、事務連絡とかでLINEをするのは全く問題ありませんよ。

でも、特別な用事もないのに「とりあえず彼氏とLINEをする」のは、さっきの「暇なら会う」と同様、「あなたが彼氏に夢中になり過ぎていること」を明らかにしてしまいます。
だからLINEは、最小限でいいです。

実際に私も、次の2場面以外では、基本しません。
・彼氏からLINEが来て、それに返信するとき
・用事があるとき

■おかしいことは「それおかしいよ」と言う

おかしいと思ったことに対しては、「それ、おかしいよ」と言う。
これも「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」状態を作るためには大切なことです。
「え、それって関係なくない?」と思われるかもしれませんが、実は関係、大ありです。

具体例を挙げてみましょう。
彼氏に「今から家行っていい?」と突然平日の夜に言われて、「いや、急には無理なんだけど……」と思いつつ(実際に彼にもそう伝えつつ)、でも彼氏が「ごめん、でもマジでお願い!何も気遣わなくていいから!」みたいにしつこくて、ついつい「いいよ」と言ってしまう。

こういうことが頻繁に起こる関係性って、実際に彼女の方が彼氏に夢中になっていて(依存していて)、それを逆手にとられて、こうやって都合よく扱われてしまっていることが多いように思います。
「おかしい」と感じたことに対して、「おかしいよ」ときちんと言えることは、自分が客観的でいられていることの証です。

夢中になって、依存してしまうと、「彼氏が全部」なので、客観視ができなくなります。そして彼氏からすると、「俺が全部なんだな」と分かってしまうから、「何やっても許されるぞ」と調子に乗ってしまって、もはや「彼女のことを大切にしないと」なんて欠片も思わなくなる。その結果が、さっきの「今から家行っていい?」みたいな自分勝手な言動です。
「それ、おかしいよ」と言える彼女でいるようにしましょう。

そしてこういうのは、「最初」が大事です。付き合って一番初めに「おかしい」と思ったとき、それを口にしないと、その後そのままずるずるいってしまいます。
だけどここで「おかしい」と言えれば、その後も「おかしい」と言いやすくなります。

■モテる自分でいようとする


逆説的ですが、彼氏に愛されるためには、彼氏以外の男性にもモテる自分で居続けるようにしましょう。
普通に日常の中で、服装やメイクをサボらずに、きちんと「かわいい私」で仕事や(彼氏以外との)遊びに出かけてあげる。
そうやって、「彼氏とのデート以外の場面でも、【女】で居続けるようにする」ことは大事です。

彼氏から見て「俺以外の男からは言い寄られるはずがないような彼女」ほど、「大切にしようと思えない存在」はいません。
もちろん、浮気をしたり、浮気の心配をさせたりするのはいけません。それによって彼氏の気持ちを引こうとするのは、アンフェアです。

しかし、彼氏の前以外の場所でも、きちんときれいに、かわいい女性で居ようとすることは、それとは全く別物です。
「彼氏が周りに自慢したくなるような彼女」というのは少しハードルが高いかもしれませんが、「彼氏以外の一定数の男性からも、かわいいって思われている彼女」であれば、単に彼氏と交際する前の自分の外見のレベルをキープすれば達成できるはずです。

これによって、彼氏に対して「しっかりとイイ彼氏でいないと、他の男に彼女を奪われてしまうかも」という適度な緊張感を与えることができるので、彼氏が「釣った魚に餌をやらない」状態になりにくくなります。

ということで、今回はこの辺で。
「彼氏が大好きだけど、彼氏に夢中ではない」
この言葉をスローガンに、今後の彼氏との交際を進めてみていただけたらと思います。
ではまたお会いしましょう。(遣水あかり/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事