2020.10.12

ハイスペック男子と付き合いたい!選ばれる女性になるコツ

ハイスペック男子とは、勉強や仕事が優秀、人としての魅力も十分、しかもルックスもよし!という、優れた面ばかりの男性のことですが、どうせならハイスペック男子とつきあいたい!…...というのが、女心としては正直なところでしょう。

では、ハイスペック男子と呼ばれるような男性が、交際する女性に求めることはどんなことでしょうか?
ハイスペック男子は、そもそも自分が何もアクションを起こさなくても、女性の方から寄ってくるものです。つまり、自分が選ばれるのではなく「選ぶ」立場です。そんな彼らが選んでいるのは、やはりハイスペックな女性です。

「じゃあ、私には無理だわ…...」とあきらめてしまうのはまだ早い!「ハイスペック」にもいろいろなタイプがあります。まずは「選ばれる女性」になるべく、自分をブラッシュアップしましょう!
ハイスペック男子は「容姿はいいけど中身がない女性」を選びません。仮に彼らがそういう女性をデートに誘ったとしても、本気の恋愛などではなく「アクセサリー感覚」でしかありません。

ハイスペック男子は仕事以外にも興味の幅がとても広いもの。一般教養やマナーはもちろん、政治、経済、芸術分野など、多岐にわたる知識を持ち合わせていないと、話をしても「つまらない子だな」と思われてしまいます。

また頭の回転が早くて機転がきくことも大事なポイントです。
ハイスペック男子は公私ともに多忙な日々を送っています。そんな時に「何で会ってくれないの?」なんていうLINEを送ってしまうような女性は、ハイスペック男子にとっては邪魔でしかありません。

彼に会えない時でも、自分の楽しみを持っている女性でいることが大切です。また、経済的に自立していない女性に対しては「お金目当て」で自分に近づいてきたとみなす人が多いようです。

ハイスペック男子は社会でバリバリ働いている分、家庭には癒しを求めるパターンが多いそうです。仕事で疲れて帰ってきたときに、妻が笑顔でおいしいお料理と一緒に待ってくれている、というある意味「ベタ」ともいえるような状況が嬉しいのだとか。

いわゆる「バリキャリ」よりも「癒し系」を求めているハイスペック男子も多いそうですよ。また金銭感覚がしっかりしているというのも、家庭を守るうえでは重要な部分です。この人になら自分が稼いできたお金の管理を任せても大丈夫そうだという女性が選ばれます。
いかがでしたか? 憧れのハイスペック男子とは、チャンスがあれば交際してみたいと思ってしまいますよね。彼につり合うようになろうとブラッシュアップするのはとても素敵なことですが、無理な背伸びは自分がくたびれてしまうので禁物です。

あくまでもブラッシュアップは自分のためと思って取り組めば、気がつけば自分自身が「ハイスペック女子」になっているかもしれません!
(ハウコレ編集部)

関連記事