2020.10.14

どうして気付いてもらえない?伝わりにくい気持ちの伝えかた

こんにちは!

今回は自分の気持ちが気付いてもらえない
どうしてなんだろう?

と、頭を抱えてお悩みの方に向けて
相手に内容が伝わりにくくなる伝え方は
どういったものなのか
についてお話をしていきます。

話の伝え方はしっかりと決まっているものの
上手に伝えられている人は数すくないです。

相手に伝わる気持ちの伝え方を
マスターしていくことで
周りよりも伝えることが上手になり
差をつけることができます。
まず言い方が悪いと
相手に伝わるものも
伝わらなくなってしまいます。

言い方が悪いと本人が
思っていなくても思っているかのように
伝わってしまうことがあります。

言い方に気を使うときの
ポイントとして挙げられるのは
声のトーンなどが挙げられます。

低いトーンでの会話は
相手に怒っているという印象を
与えがちです。

なので、お互いに楽しんでいるような場面では
声のトーンを意識して少し上げてみるようにしましょう。

そうすることで相手は
自分が楽しんでくれている
と認識するためよい関係が
築いていけます。
次に相手に伝えたいことが
伝わらないときのポイントとして
挙げられるのが、回りくどいという
ことです。

回りくどい発言というのは極力
避けるようにしていきましょう。

周りくどい発言というのは
場合によっては相手を不快な思いに
させてしまうこともあります。

回りくどい会話をすることで
相手に嫌われてしまうというのは
非常にもったいないのでコツを掴んで
しっかり改善していきましょう。

これを改善していくポイントとして
挙げられるのは、結論先行型の話を
していくということです。

結論を先に言って
その後に説明などをつけると
相手に伝わりやすい文章にすることが出来ます。

伝えたい内容は事前に
整理してまとめておくことが
大切です。

まとまった内容は
相手に不快を与えないだけでなく
むしろ、好感すら与えることができます。

相手が何を求めていて
何を知りたいのかを意識しながら
伝える内容を整理することで
相手に伝わりやすい話し方ができます。

ちゃんと話を整理しないと
無駄な情報や無駄な間が多くなり
相手に伝わりにくいです。

多くの方が伝える前に
内容を整理できていないので
しっかりと整理して話をすることで
周りよりも話が上手くなり
差がつけやすいです。
伝わりにくい伝え方は
どんなものなのか把握して
いただけたでしょうか?

相手に自分の伝えたい内容を
上手く伝えられていないかなと思う方は
しっかりと上記のポイントを抑えて
伝えていくようにしましょう。

そうすることで
相手にしっかりと自分の気持ちを
伝えることができて、いい関係を
築いていくことができます。

(ハウコレ編集部)

関連記事