2020.10.18

こじれる前に対処!同棲カップルの仲直り方法!

大好きな彼と1日中一緒にいられる同棲。ただ、一度ケンカをすると逃げ場がないため仲直りのタイミングがわからない、という大きな悩みがあります。お互いに謝るチャンスを見失って、そのまま別れてしまうことも……。

同棲カップルにぜひ知ってほしい、もっともっとラブラブになれる仲直りの方法について解説します!
ケンカの原因によっても、仲直りの方法は変わってきます。まずは、同棲カップルによくあるケンカの原因について見ていきましょう。
同棲カップルでも、やっぱり浮気はケンカの原因となります。同性カップルの場合、お互いのスケジュールが把握しやすい分、浮気の証拠も見つけやすいため、ついつい見なくてもいい部分まで目についてしまいます。

彼氏の浮気にしても、彼女の浮気にしても、ふたりの信頼関係を崩しますので、「おかしいな」と感じたら早い段階で話し合っておきましょう。
同棲をすると食事をふたりで食べる機会が増えるため、料理がいまひとつ口に合わないなど、細かいことでケンカすることも多くなります。

はじめのうちは彼氏のほうも遠慮してストレートには言わなくても、それが毎日となるとさすがにストレスが溜まり、大きなケンカに発展してしまう、というパターンも少なくありません。

料理をけなされるのは気分がよくないかもしれませんが、彼女のほうも感情的にならず、彼氏とふたりで改善点を探すつもりでコミュニケーションを取ったほうがうまくいきます。
目立ったケンカはなくても、同棲が長くなるにつれていつしか会話がなくなり、お互いに気まずくなってしまうこともあります。

いわゆる倦怠期ですが、多かれ少なかれ同棲カップルにはよくある現象であり、この時期をうまく乗り切れるかどうかによってその後の関係性が変わってきます。
同棲が長くなるほどお互いの距離感がわからなくなり、ささいなケンカでも別れの原因になってしまうものです。

同棲カップルがケンカをしてもラブラブになれる仲直りの方法について掘り下げていきます。
面と向かって謝ろうとするとお互いに素直になれず、逆に余計な一言を言ってしまってケンカをこじらせてしまうことも考えられます。

メールやLINEであれば彼女も冷静になれるため、「ごめんね」の気持ちをストレートに伝えることができます。
言葉にして謝るのが恥ずかしいのなら、さりげないスキンシップで気持ちを伝えてみましょう。

お帰りのハグ、指先に触れる、バックハグ……。ちょっとしたスキンシップでも彼のほうは「もう許してくれてるんだ」と思い、気持ちが自然にほぐれていきます。

同棲カップルだからこそできるスキンシップをふたりで探してみましょう。
一緒にいる時間が長い分だけ、同棲中はケンカの後の仲直りが難しくなります。

メールやLINE、スキンシップ……。ささいな原因でも、ケンカを放置するほど気まずさも大きくなり、やがて取り返しがつかなくなってしまいます。

原因はどうあれ、彼女のほうが素直になって「ごめんね」の気持ちを伝えることで距離感が縮まり、もっともっとラブラブになれるでしょう。

(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事