2020.10.18

ドライブデートで絶対に押さえておきたい4つのこと

初めての彼とのドライブデート。あとはデートをを楽しむだけ!と考えている方、ちょっと待ってください。ドライブデートはとても魅力的ですが、その反面気をつけてなきゃいけないポイントがあるんです。

せっかくのドライブデート、大失敗に終わらないようにぜひ4つのポイントを押さえてくださいね!
待ちに待ったドライブデート、気分は上々で出発進行!あとは座って目的地まで悠々とドライブを楽しみたい!という気持ちはわかりますが、運転は彼に任せて呑気に助手席に座ってるようじゃ絶対ダメですよ。そんなことしたら一気に印象は最悪に。助手席はあくまで「助手」でお客さんではありません。ナビゲートするという仕事があります。

もちろん、カーナビやマップアプリはありますが、それでも運転しながら画面を見るのは神経を使うもの。ナビの指示を見て声にして伝えてあげるのが、助手席の役目ですよ。

もちろん曖昧な指示はNG。「次の交差点を右」などしっかりと伝えてあげてください。
ドライブデートといえば、おやつをつまみながらのおしゃべりが楽しいですよね!
でも、飲食物には気をつけて!レンタカーならまだしも、彼の車だったら食べる前に絶対に許可をとってからしてくださいね。人によっては車内の飲食に敏感な方もいますので、まずはしっかり確認を!

もちろん、いくら許可がおりたとしてもひとりでむしゃむしゃ食べるのは絶対にNGです。せっかく運転してくれている彼を横目に自分だけ食べるのはさすがに、ですよね。運転中でも食べやすい食べ物をチョイスしたり、彼にも食べさせてあげるなどの配慮を忘れずに!
もちろんこぼさないように気をつけて!
長い運転、ときには退屈になってしまい、ついついスマホをいじりたくなるときがあると思います。でも、グッと我慢してください!彼はふたりのために運転してくれているのに、自分が退屈だからといってスマホいじってしまうと、彼からの印象は最悪です。

せっかくのドライブデートなので、彼との会話を楽しんでみてください。運転だってときには気晴らしが欲しくなるときがありますので、ぜひ雑談をしてみて。間違っても寝ないようにだけは気をつけてくださいね!
楽しかったドライブももう終盤、途中どこかで休憩することもあるかとおもいます。そのときにコーヒーやジュースなどをそっと差し出してあげてください。人を乗せてのドライブは結構体力を消耗するものです。ぜひ労いの言葉と一緒にドリンクやお菓子などをあげてください。それだけで十分嬉しいものです。


運転してくれて当たり前などとは思わずにちゃんとお礼の気持ちを見せることはくれぐれも忘れないでくださいね!
いかがだったでしょうか。
ドライブデートってとっても魅力的ですよね。だからこそ、気をつけてほしいポイントをご紹介してきました。せっかくの楽しいふたりっきりの時間を台無しにしないようにぜひ参考にしてみてください。

くれぐれも安全運転で楽しいデートを堪能してくださいね!

(ハウコレ編集部)

関連記事