2020.10.18

意外と知らない年下男子の落とし方

年上の男性に惹かれアプローチする女性は多いけれど、年下の男性にアプローチする方って意外と少ないですよね。そもそも年下との恋愛ってどこか敬遠していまいがち。どういうふうに接してよいかわからなかったり、そもそも恋愛対象に入れないようにしていたり。

それでも、もし素敵だなと思える年下の男性に出会えたときに困らないように、年下の男性へのアプローチの仕方をご紹介!知っておいて損はないのでぜひご覧ください!
年下の男性を相手にするときにぜひやっていただきたいのは、相手の知らないことを教えてあげることです。相手が知らないであろう街へ行ったり、知らないお店やブランドを教えてあげることが相手にとってはとても嬉しいはず。

こんなところ知っているんだ、と思わせたら好感度もきっと高まります!「ここ美味しいんだよ」と新しい世界を教えてあげることで、大人の女性としての魅力が伝わりますよ!

彼の知らない大人の世界を教えてあげてください!
年下と付き合っていく上で大事なのはリーダーシップです。たとえばデートをするときも、1日のプランやランチの場所など、グイグイ引っ張って行ってあげてください。
ここで悩んでしまうと相手も遠慮から意見しにくく、グダグダになってしまうかも。

どこに何があるか、どうやってそこまでいくか、テキパキ行動することができたら素敵ですよ。頼れる年上の女性としてグイグイ引っ張ってあげてください。もちろん、男性の意見も聞くところは聞いてあげてメリハリをつけられたらさらにGood!
大人の女性感やリーダーシップの重要性を紹介してきましたが、それだけではなく、たまには甘えてみるのも大事!

「これ開けて?」とお願いしてみたり、「最近しんどくて」と愚痴をこぼして甘えてみてください。いつもテキパキ動いている姿と甘える女性の姿のギャップでかなり好印象間違いなし。たまには女性らしさをみせて年下男子の心をゲットしちゃいましょう。
最後に気をつけて欲しいことですが、「年上だから」「年下だから」というワードはNGです。年齢はあくまで補助的なもの。ふたりの関係には年齢は関係ありません。年上だから偉いわけでも正しいわけでもありません。しっかり話を聞いて、ありのままで向き合ってみること忘れないでください。ときには年下男子の話もじっくり聞いてあげてくださいね。

もちろん、相手が落ち込んでいるときなどは「お姉さんが話を聞いてあげよう、ごちそうしてあげよう」などといった冗談は距離も近づきやすくなるのでおすすめです!
いかがだったでしょうか?年下の男性に抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、難しく考えず、素敵だなって思ったらぜひアプローチしてみてください。

最初は年齢を考えてしまうかもしれませんが、いざ始まってみると年齢なんておまけのようなもの。ふたりでふたりの関係を作っていけば気にならなくなりますよ。ぜひ恋愛の視野と可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事