2020.10.18

ピンチはチャンス!倦怠期を上手に乗り切る方法を大公開

どんなにラブラブなカップルでも、付き合っている期間が長くなるとどうしても避けられないのが倦怠期。
倦怠期を乗り切れるかどうかで、別れてしまうカップルと、これからも仲良くなっていくカップルに分れてしまいます。

倦怠期が来たときに対処法を知らなくて焦ってしまうと、空回りしてケンカが多くなってしまうことも少なくありません。
そこでここでは倦怠期を上手に乗り切る方法をお伝えします。
倦怠期になったと感じたときに慌ててやってしまいがちなのが、どうにかして彼と一緒の時間を過ごそうとすること。
もちろん倦怠期でも彼と一緒の時間を過ごすことは大切ですが、あなたが倦怠期と感じているということは、彼もきっと同じく倦怠期と感じているはず。

倦怠期と感じているのに一緒にいることで、お互いにストレスが溜まりやすい状態に。
ストレスが溜まってケンカになって、別れてしまう最悪の状態は避けたいところですよね。

倦怠期におすすめなのは、自分の時間を充実させること。ひとりで出かけたり、家でゆっくりする時間を取ったり、習いたかったことをやってみたり……。

いったん恋愛と自分を切り離して行動することで、お互いの大切さを感じやすくなります。
心の距離が近いカップルほど、こまめに連絡を取っていたり、近況報告でお互いの状況を把握しているカップルも多いでしょう。

お互いに何をしているかわからないよりも、安心感があっていいのですが、連絡のしすぎで知らないうちに、相手に時間を支配されてしまっていることも倦怠期の原因。

倦怠期と感じたらいったん連絡の頻度を下げてみるのもおすすめ。毎日電話をしていたのであれば3日に1回と頻度を下げる、近場のデートをたくさんしていたのであれば、月1回遠出のデートを楽しむなど、ふたりの行動に変化を持たせてみるとよいでしょう。
倦怠期と感じてしまう原因として、相手に期待をしすぎているケースもあります。
彼氏なんだからこれぐらいやってくれる、彼氏なんだから私のことを考えてくれて当たり前など、「彼氏だから」と期待しているのは危険信号!

相手に期待をすると期待を超えられなかったときに、「付き合ったばかりはこんなはずじゃなかった!」となりがち。
相手に期待しないでやってもらえたらラッキー!と思っていると、倦怠感を感じにくくなっておすすめです。 
倦怠期かなと思うと、彼の顔色をうかがったり、どう接していいか分からなくなったり困ってしまうことが多いですよね。
どんなカップルにも倦怠期は来るものです。自分だけかな……と思いつめないでくださいね。倦怠期を乗り越える方法を身につけて、これからも大好きな彼と一緒にいられるようにしていきましょう。
 
(ハウコレ編集部)

関連キーワード

関連記事