2020.10.18

嫉妬はなぜ起こる?嫉妬深い性格は直せるもの?


自分より目立つあの人や彼の周りにいる女性など自分よりも秀でた可能性のある対象に対して嫉妬をするのは当然です。

しかし、過剰な嫉妬はむしろ自分を苦しめることに……?今回は、嫉妬がなぜ起こるのかという基礎的な知識から嫉妬深い性格を直す具体的な方法をご紹介していきます。
いったい嫉妬とは何なんでしょう。よく、彼が元カノの話をして嫉妬した、という使い方で耳にしますが、その実態がなんなのかは少々分かりにくいところ。

嫉妬とは、要するに自分よりも秀でている対象に対して抱くヤキモチのようなものです。
つまり、他人を羨むということ!
嫉妬というのは、他者と自分を比較することによって生じるもので、自分に自信がない場合に嫉妬が起こります。彼の元カノ話も、まさに自分と元カノを比べてしまったことから嫉妬が生じているのです。

さらに、異常に負けず嫌いな方であれば、他者とすぐ比較してしまうので、その分嫉妬心も強くなってしまいます。
嫉妬してしまうのは仕方がありませんが、その度合いが高すぎるとより一層ネガティブな思考をしてしまうようになるので、嫉妬をコントロール必要があります。

その方法としては、自分に自信を持つこと、が効果的です。しかし、自分に自信を持つといっても今すぐに自信をつけることは難しいと思いますし、自信をつける具体的な方法もいまいち分からないと思います。

では、そんな方のために自分に自信をつける方法についてご紹介していきます。
自分に自信をつけさせるためには、ある行動を習慣化させなければいけません。

たとえば、ひとつのことを誰よりも努力して取り組むということ。

結果が出れば、自分もやればできると自信をつけさせることができます。たとえ結果が出なかったとしても、その過程で人一倍さまざまなことを学べていると思います。

そのため、ひとつのことに熱中してやり遂げるという習慣は、自信をつけさせるための効果的な方法ともいえます!
適度な嫉妬は誰しも起こりうるものですが、過剰すぎる嫉妬は自分だけでなく、場合によっては相手を疲れさせてしまうことにも。

そのような事態を避けるためには、ひとつのことに熱中して何かを成し遂げるなどをし、自分に自信をつけさせて嫉妬心をできるだけコントロールする必要があるのです。
(ハウコレ編集部)

関連記事