2020.10.18

会話の中での印象の決め手は〇〇だった!内容はそこまで影響しない?!


人の第一印象ってなにが一番の決め手かご存知ですか?実は、会話の内容よりも外見の印象のほうが第一印象に影響を与えやすいということが分かっています。

今回は、そんな人の第一印象の決め手となる要因がそれぞれどの程度の割合で影響しているのかを、メラビアンの法則とセットでご紹介していきます。
第一印象は、おそらく会話の中で徐々に決めていくと思いますが、みなさんは会話の内容ばかりに気を取られすぎていませんか?

もちろん、会話の内容も重要ではありますが、第一印象に影響されることはあまりなく、外見が第一印象の最大の決め手とされています。

では、そんな理論を持つメラビアンの法則についてご紹介していきます。
メラビアンの法則とは、第一印象の決め手となる要因は外見、声や話し方、会話の内容の3つに分けられ、それぞれ第一印象に与える影響度は55%、38%、7%だと示した理論のことをいいます。

つまり、会話の中で第一印象に最も影響を及ぼすのは外見であり、会話の内容はそれほど影響されないということです!
では、見た目や仕草がよければ第一印象はいいものになるのでしょうか。

いいえ、決してそういうわけではなく、あくまで総合的に見た数値を表したものなので、外見以外の要因にも配慮しなければなりません。

見た目は超かっこいい男性でも、会話の内容が常識から逸脱しすぎていたらそれはそれで引いちゃうはず!
みなさんの中には、外見が第一印象を決める最大の要因と聞いて、あまり外見に自信が持てないからなぁ……と思った方もいるでしょう。

そう思った方、安心してください。外見に自信がなくても、会話の内容や話し方を意識すればきっと第一印象もよくなるはずです。

たとえば、相手の得意なジャンルの話題を事前チェックしておき、同調による好感を狙ってみると外見がどうあれ会話術で勝負することも可能!
第一印象は会話の内容や話し方が一番大事だと思っていた方もいるでしょうが、実はそうではなく外見(仕草や表情)が最も第一印象に影響していたのです。

もちろん、外見に自信がない方もいると思いますが、外見よければすべてよし!というわけではありません。

ちょっと一工夫入れた会話術を適用するだけでも第一印象をいいものにすることができるので、外見だけに固執しすぎないよう注意してください。
(ハウコレ編集部)

関連記事